欧米人は安産ってホント!? キャサリン妃「スピード退院」衝撃のワケを産婦人科医に聞いてみた

出産から約9時間半でスピード退院したキャサリン妃。ヒールを履き、笑顔でロイヤルベビーのお披露目をしたことに衝撃が走った。なぜ産後入院しなかったのか、日本人より欧米人の方が安産なのか? 産婦人科医に聞いてみた。

出産から約9時間半で退院、驚きの回復はいったい何故…

5月2日にシャーロット王女を出産したキャサリン妃。母子ともに健康で、入院から約12時間、出産から約9時間半でスピード退院したことが日本で話題となった。

いやいや約9時間半って健康すぎるでしょ? と驚いたのだが、キャサリン妃は第一子のジョージ王子を出産した際も翌日に退院している。

そもそも日本のように国民皆保険制度の国は世界的に珍しい。
欧米では出産費用は無料だが入院費用が高額のため、多くの産婦は日帰りもしくは1泊2日で退院するのだとか。

またキャサリン妃の分娩方法は不明だが、無痛分娩であれば母体の負担も少ないことが多いそうだ。

これらの事情を汲んでも、出産から10時間も満たないのに、ヒールを履き、シャンと背すじをのばして笑みを絶やさずにいたキャサリン妃の姿が信じられない。精巧なCGか替え玉としか思えない。

欧米人は安産? 日本人が長すぎる? 産婦人科に聞いた

筆者も出産を経験しているが、第一子を自然分娩で生んだときは会陰切開の傷が痛くて3m歩くことすら困難だった。さらに縫合部分が裂けそうな気がして、トイレでまったく力むことができず、便秘になるというおまけつき。知人女性に至っては、分娩直後の痛みを我慢できず、痛み止めの麻酔を打ってもらったら気絶してしまったそうだ。

恐らく日本の多くの産婦が同じような状況であり、私たちから見ればキャサリン妃の華麗なる回復ぶりはブラック・ジャックのセルフ手術のごとし(※)。奇跡なのである。

もしかして大柄な欧米人は日本人よりもお産がラクなど、DNAによる違いがあるのではないか? 「水口病院」に取材を入れ、回答をもらった。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント