ザ・ヴィランズ・ワールド|東京ディズニーシー「ディズニー・ハロウィーン」2018年

東京ディズニーシーで開催の「ディズニー・ハロウィーン」。

ヴィランズ達の祭典、メインショーの「ザ・ヴィランズ・ワールド」が2018年もやってきました!

各キャラクターの動きを鑑賞ガイドでお届け!

今年もヴィランズが主催するハロウィーンパーティーが行われている、メディテレーニアン・ハーバー。

ディズニー映画に登場する悪役「ヴィランズ」が主役の同ショーですが、やっぱり気になるのは各キャラクターたちの動き。

こちらの鑑賞ガイドでその動きや見どころをご紹介します。

基本の形はこれまでと同じ。序盤は海上が中心

全体的なショーの形は2017年までとほぼ同じで、各キャラクターが登場後、序盤は全員船の上で、ハーバーを周回します。

その後、中盤に各キャラクターが順次上陸。

最後にミッキー広場に集合し、船に乗って帰っていく形となります。

これまでどおり、ヴィランズは上陸せず、それぞれ自分の船に乗船した状態となります。

ショーの中心となる船は5隻。それぞれヴィランズと、その後に紹介される、ミッキーマウス達の各キャラクターが乗船しています。

・マレフィセント、アースラ(クラリス、デイジーダック)
・キャプテン・フック、ミスター・スミー(ミッキーマウス、プルート)
・ウィックド・クィーン(ミニーマウス)
・ハデス、ペイン、パニック(ドナルドダック、チップ、デール)
・ジャファー(グーフィー)

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます