恋愛したいけれど、好きな人が全然できない…。ひとつの恋を終えて、恋愛モードになっているはずなのに、好きな人がなかなかできないことってありますよね。

そんなとき、どんな行動をすると、誰かを好きになれるのでしょうか。または、好きな人が現れやすくなるのでしょうか。

これまで多くの男女から話を聞いてきた筆者が、恋愛をしたいと思っているのに、好きな人ができないとき向けの過ごし方について、まとめてみました。

気分が上がることをする

「楽しい」「面白い」と感じることなど、自分の気分が上がることに時間を使ってみて。心が喜ぶことをしているとき、その人の魅力はぐっと増します。内面の充実によって、イキイキとして見えるからです。

魅力的な人の元に人は集まります。素敵さに惹かれて集まってくるのです。そのなかには既存の知り合いだけでなく、新たに出会う人も混じっているはず。

再会や新たな出会いから、自然と好きな人ができるチャンスがあります。何でもいいので、熱中できることに全力を注いでみましょう。

趣味の場へ足を運ぶ

スポーツ好きならスポーツで体を動かしてみたり、スポーツ観戦に行ったり。文化系なら読書会に行ったり、講演会を聴きに行ったり。趣味の場へ顔を出してみましょう。

共通の趣味を持つ恋人は多いです。趣味を通じて知り合い、一緒に取り組んだり、趣味について語り合ったりすることで、距離を縮めて、いつしか付き合うようになる。その流れはとても自然です。

同じ趣味がある、というだけで親近感を持ったり、どこか嬉しい気持ちになったりするもの。趣味の場は出会いの場でもあります。積極的に出かけてみて。

好きな人に求める事柄を洗い出す

今そもそも好きな人ができないのは、自分が求める事柄に合致する人が、たまたま周りにいないからかもしれません。そうなると好きな人ができないのも当たり前。

改めて自分が相手に何を求めているのか、見直してみるのが大事です。思いつくままに書き出してみて、何個くらいあるのか、優先順位を付けるとしたらどうなるか、実はそれほど重視していない事柄、本当に大事な事柄など、じっくり考えてみると良いでしょう。

頭の中にあった「なんとなく」な思いを言語化することで、自分が好きになるのはどんな人なのか、かなり具体化できます。結果、本当に好きな人と出会ったときに、ピンとくる精度が上がっているはずです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます