セフレやセカンド、結婚願望のない彼との微妙な関係など……「脈なしの恋」だと思って諦めようとした矢先に、一発逆転でラブラブな関係を手に入れることに成功した女性もいます。

そこで今回は、そんな「一発大逆転!」に成功した女性たちからその手腕を学ぶべく、成功体験のエピソードをうかがいました。

1.「セフレから本命へ、そしてゴールイン」(31歳女性/派遣)

「夫とは、以前の派遣先で知り合い、体の関係から始まりました。

あとから知ったんですが、当時夫は社内に本命彼女がいたみたいで、簡単に言っちゃうと、私はセフレみたいな関係にいました。

そのうちに、私の派遣先が変わり、なんとなく疎遠になりつつもたまに会っては、体の関係が続いていて。

でも、いい加減、私も30歳になるし、ちゃんとお付き合いできる人と付き合って結婚もしたいと思って、覚悟を決めて彼に本心を話しました。

そうしたら、夫はちょうど職場の彼女と別れたばかりだったみたいで、私がそこまで真剣に想っていたことに感激して、本命として昇格。そのままトントン拍子に進んで、去年結婚しました。

当時の夫は、私もセフレの関係を望んでいるのかと思っていたから、それ以上深入りはしなかったと言っていましたので、勇気を出して気持ちを伝えて、本当によかったです」

体の関係からスタートしてズルズルしてしまうと、男性側も女性が「体だけの関係」を望んでいるのかと誤解していることがあります。

この女性の場合には、本心を素直に話したことで、大逆転のキッカケを得られたようです。

2. 「本命彼女の裏切りが判明し、セカンドから本命に昇格」(29歳女性/オペレーター)

「合コンで知り合った彼と交際していたところ、私とは別に本命の彼女の存在が判明。

そのときには別れを決意したんですが、彼のことが好きすぎてズルズルと会い続けていました。

でも、セカンドのまま付き合っていても先がないと思って悩んでいたときに、偶然にも本命彼女が浮気をして彼を裏切っていたことが発覚!

落ち込んでいる彼を励まし、慰めているうちに、彼が『お前のほうがいい女だよな』って言い出してくれて、正式に付き合うことになりました。

今では『あの頃の俺はバカだった』って言ってくれて、しっかり私だけを見てくれているので、過去のことは水に流して満足しています」

自分から仕掛けたわけではなくとも、何かの拍子に本命に昇格するチャンスが舞い込むこともあります。

この女性の場合には、そんなチャンスをしっかりモノにして、見事に本命の立場を掴み取ったようです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます