私は彼とLINEをいつも送り合ってるから大丈夫。なんて考えるのは、なかなか危険かもしれません。

なぜかというと、「セカンド彼女には送っても、本命彼女には送らないメッセージ」というものがあるからです。

さてそれはどんなメッセージなのでしょう?詳しくご紹介します。

セカンド彼女には送っても、本命彼女には送らないLINE

1.エロい内容

本命の彼女以外、つまりセカンドの女性に対し「この子はエロいメッセージを送っても平気。怒ったりしないし引いたりもしない」と思いこんでいるので、ムラムラしたときにドエロな内容を送ったりします。

また、それで距離感を測っているところもあります。

本命彼女には送りません。付き合いはじめならあるでしょうが、一定期間付き合えばもう送らなくなります。

遠距離恋愛でなかなか会えないなら送ることもありますが、それ以外なら送る必要性がないのです。「ドン引きされてしまう」という気持ちもあります。

また、「エッチな画像を送って」というメッセージも同じ。セカンドはエッチな対象なので平気で頼んできます。

2.どうでもいい内容

本命彼女なら用事や約束、連絡事項などいろいろ送る内容があります。でも、意味のない「腹減った」「眠い」などは以前口説いていた女性や、以前何かがあったけれど、疎遠になってしまったなどの意味深な相手に送ることが多いです。「まだ俺のこと好きだよね」「忘れてないよね」という様子うかがいです。

そんな意味のない内容に返してくれた女性は脈ありということなので、話を続けることができます。裏を返せば、本命彼女ならケンカしたときに内容のないメッセージを送り、様子うかがいすることもあるということ。

ということは、セカンドに意味のない内容を送るときは「まだ俺のことが好きかチェック」するため。

3.いきなり「今から会える?」

本命彼女でいきなりはありません。前もって約束するはずで、時間があいたとしてもコンスタントに会えていれば突然の誘いはないでしょう。

いきなりの場合、好きな女性にキャンセルされ時間が空いたのでセカンドに急いで送る……というケースが多いです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます