東芝、高画質ウェブカメラでSkypeが楽しめるPC春モデル、世界最軽量のウルトラブック「dynabook R631」など

2012.2.13 14:26配信
dynabook T451

東芝は、PCの2012年春モデルとして、約130万画素の高画質ウェブカメラを搭載した「dynabook T451」やウルトラブック「dynabook R631」などのノートPCと、液晶一体型デスクトップPC「REGZA PC D731」を2月17日から順次発売する。価格はオープン。

ネットブック「dynabook N301」を除き、ノートPCの全モデルに100万画素または130万画素の高画質ウェブカメラを搭載。ビデオ通信ソフト「Skype」のユーザー同士で、高画質映像でビデオ通話ができる。

15.6型「dynabook T451」は、CPUにCore i7-2670QM(2.20GHz)を搭載した「T451/58E」、Core i5-2450M(2.50GHz)を搭載した「T451/46E」、Celeron B815(1.60GHz)を搭載した「T451/34E」をラインアップ。すべて130万画素のウェブカメラを備える。「T451/58E」と「T451/46E」は、PCに保存した映像や写真、DVDやブルーレイディスク(BD)などのコンテンツを、ワイヤレスで家庭内のテレビに映して楽しめる「インテルワイヤレス・ディスプレイ」を備える。OSは、Windows 7 Home Premium の32ビット版か64ビット版を選べる「セレクタブルOS」。

カラーはリュクスホワイト、モデナレッド、プレシャスブラック。実勢価格は、「T451/58E」が16万円前後、「T451/46E」が13万円台半ば、「T451/34E」が11万円前後の見込み。

グラスレス3D対応の15.6型AVノートPC「dynabook Qosmio T851」は、CPUにCore i7-2640M(2.80GHz)、HDDにノートPCでは最大容量の1TBを搭載する。ウェブカメラは約100万画素。地上・BS・110度CSデジタルチューナー×2基を備える。OSは、Windows 7 Home Premium 64ビット版。カラーは、シャイニーオーシャン。実勢価格は22万円前後の見込み。

13.3型のウルトラブック「dynabook R631/28E」は、重さが約1.12kgで、13.3型ワイド液晶のノートPCとして世界最軽量を実現した。CPUはCore i5-2467M(1.60GHz)で、ストレージには128GBのSSDを採用する。ウェブカメラは約130万画素。OSはすべてWindows 7 Home Premium 64ビット版。カラーは、アルティメットシルバー。実勢価格は14万円前後の見込み。

10.1型ネットブック「dynabook N301」は、重さが約1.36kgで、CPUに最新のAtom N2800(1.86GHz)を搭載する。HDDは320GB。バッテリ駆動時間は約6.5時間。OSは、Windows 7 Starter 32ビット版。カラーは、カカオブラウン、ライムグリーン、パッションオレンジ。実勢価格は5万円前後の見込み。

23型フルハイビジョン(HD)液晶を搭載した液晶一体型デスクトップPC「REGZA PC D731」は、CPUにCore i7-2670QM(2.20GHz)を搭載した「D731/T9E」と「D731/T7E」、Core i3-2350M(2.30GHz)を搭載した「D731/T6E」をラインアップ。「D731/T9E」と「D731/T7E」は、地上・BS・110度CSデジタルチューナー×2基を搭載。最上位の「D731/T9E」には、PCの電源オフの状態から約5秒でテレビが見られる「今スグTV」用に、地上デジタルチューナー×1基も備える。「D731/T6E」は、地上デジタルチューナー×1基を搭載。OSは、すべてWindows 7 Home Premium 64ビット版。

カラーは、リュクスホワイト、プレシャスブラック、シャイニーレッド。実勢価格は、「D731/T9E」が21万円前後、「D731/T7E」が19万円台半ば、「D731/T6E」が15万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング