夫とケンカになると、ついカッとなってきつい態度を取ってしまう。気持ちはわかりますが、度が過ぎる“悪態”は解決だけでなく夫の心からも遠ざかります。

ケンカすることはふたりの絆を深めるチャンスでもあるのに、妻の態度が悪いばかりにどんどん溝が深くなるなんて、悲しいですよね。

夫婦ならなおさら、お互いを尊重する姿勢はケンカ中でも持ちたいもの。

気をつけたい「NGな態度」について、ご紹介します。

【ケンカ中のNG 1】話の最中にスマホを見る・いじる

よくあるのが、話している最中にLINEなどアプリの通知がスマホに届き、つい目をやってしまうこと。

それだけならまだ許せても、手にとって確認するなんて態度は夫からすれば「話し合う気がないのか」と怒りが増すだけです。

話し合っているときは、会話に集中することが解決への近道です。

スマホなどケンカに関係のないものに意識を向けてしまうと、それだけ良い結果からは遠くなります。

どうしても見ないといけないときは、先に「ごめんなさい、確認しないといけなくて」と断りましょう。

今の時間をないがしろにしていないことが伝われば、夫が嫌になることはありません。

逆に、ケンカの最中に夫が平気でスマホをいじるような場合は、「話す気がないのね」とさっさと打ち切ってもOK。

その態度がNGなものであることを、はっきり伝えるのが良いですね。

【ケンカ中のNG 2】一方的に話を打ち切る

最後まで話せていないのに、

「時間がないから」

「用事があるから」

と一方的に終わらせて席を立つのもやめましょう。

消化不良のまま話し合いが終了してしまうと、夫は「もういいか」と投げやりになります。

後で「この間の続きだけど」とこちらが持ち出しても、「そっちがやめたんだろ」と話してもらえないばかりか、同じような言い訳で逃げられたら文句が言えません。

本当に時間がないときは、最初に

「今は○○分しかとれないけど」

「時間がないから、○○の後でいい?」

など伝えておくのがスムーズに話し合うためのコツ。

ケンカはいつ起きるかわからないものですが、特に夫のほうに言い分があるときは、聞く姿勢を見せておくのが早い解決につながります。

【ケンカ中のNG 3】物に当たる

話し合いの最中にイライラして、ついテーブルを叩いてしまったりカップを投げつけてしまったり。

物に手が出てしまうと、それだけで場の雰囲気が悪化します。

衝動的にやってしまうという人もいますが、目の前で大きな音を立てられると誰だって冷静ではいられません。

話し合いたいのに妻が聞き入れない様子では、夫もまともに言葉が出てきませんよね。

怒りが物に向かいそうなときは、

・深呼吸をする

・いったん場を離れる

など、コントロールする方法を考えましょう。

一度壊してしまったものは、元に戻りません。仲直りした後で「こんなことするんじゃなかった」と後悔するような振る舞いは、後味の悪さを残します。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます