「“患者第一”の病院」を見分けるコツは? 医師のリアルな声をリサーチ!

ケガや病気をしたとき、適切な治療を受けるために、医療施設を判断する目を養うことは重要です。そこで今回は、お医者さん自身が考える「良い病院・医者」を見分けるポイントをまとめました。

思わぬ病気やケガをしてしまったら、お世話になるところといえば病院! つい、建物がキレイで接遇マナーの行き届いた病院に行きたくなってしまうのですが、うわべだけで判断しちゃいけませんよね。お医者さん自身が考える「良い病院」って、一体どんな感じなのでしょうか?!

 

説明の仕方で見抜ける! 「患者本位」か「医者本位」か

まずは、医師専用サイト「MedPeer(メドピア)」が実施したアンケート調査『医師7万人のアンケートでわかる。お医者さんのベストチョイス!』 の結果をチェックしてみました。
「ん? どこかで見たことがあるような」という人もいるかもしれませんね。これは、日本テレビの番組『世界一受けたい授業』2015年3月7日放送分で紹介されたリサーチの結果でもあります。

 

医師専用サイト MedPeer調べ

お医者さんのリアルな声を集めたこの調査によると、「良い病院の見分け方」輝く第1位は、「説明が分かりやすい」でした!

「説明」。それはお医者さんにとってどのような行為なのでしょうか? 同調査の実施元である「MedPeer」 の広報の方に、ウレぴあライターはもう少し詳しくお話を伺ってみました。すると、同サイトにお医者さんが寄せてくれた生の声として、次のようなものがあったことを教えていただきました。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング