使える!ドラッグストア 〜毎日が楽しくなるDgS・薬局活用術〜

鼻水を早く止める方法は? 医師が教える“じゅるじゅる地獄”から抜けだすための対処法

うっとうしい鼻水、今直ぐ止める方法はないの? 鼻水の出るメカニズムや種類を医師が解説。対処法を知って、この“じゅるじゅる地獄”から早く解放されましょう!

どこからともなく鼻をすする音が聞こえる…そんな季節がやってきましたね。

鼻水は、風邪の代表的な症状のひとつで、黄色いどろっとした鼻水や、さらさらとした鼻水があります。また、風邪以外でも、花粉症などのアレルギーの場合でも鼻水が止まらず苦しい場合もあると思います。

鼻水の出るメカニズムや種類、対処法を知って、この“じゅるじゅる地獄”から早く解放されましょう!
 

健康でも、鼻水は1日数リットル!

まず、鼻水は何のために出るのでしょうか。
風邪や花粉症などがなく、健康なときであっても、鼻で呼吸をしていると鼻水は鼻の粘膜から分泌されており、その量はなんと1日数リットルにもなります。

特に汚い空気や冷たい空気が入ると、鼻水の分泌量は多くなります。鼻水には加湿の役割のほか、鼻の中に入ってきた異物を外に出す役割があります。風邪ウイルスや花粉、ほこりが入ると鼻水がたくさん出ます。
 

さらさら鼻水とどろどろ鼻水の違いは?

鼻水の種類には、透明でさらさらとした水性のものと、黄色くどろっとした膿のようなものに大きく分けられます。

花粉やほこりなどが原因となるアレルギー性の鼻水は、前者のさらさらした鼻水です。
このような鼻水が続く場合は慢性的なアレルギー性鼻炎の可能性があり、この鼻水の中にはアレルギーと関係のある好酸球が多く含まれます。

一方、ウイルスや細菌などの感染によって出る鼻水は、後者のどろっとした鼻水です。
いちばん多い原因は風邪。水っぽい鼻水で始まり、そのあと熱やせきも伴い、炎症がひどいときは鼻詰まりも起こります。

水っぽい鼻水は途中から黄色くなり、だんだんと粘っぽくなりますが、途中で細菌の二次感染すると、どろっとした鼻水になります。この中には、ウイルスや細菌と戦う白血球が多く含まれています。
 

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント