「彼女は色気がある」「彼女は色気がない」みたいな言い方、聞くことはありますよね。

「色気」とは辞書によると、「異性の心を惹きつける性的魅力」等と定義されています。

簡単に言うと「この人に接近してみたい」「この人と親密な関係になりたい」「この人と寝てみたい」といった思いを抱かせる魅力、というわけです。

一方で、色気があるからといって、その人が異性にモテるとは限りません。色気があってもモテない人はいます。

今回は、これまで多くの男女から話を聞いてきた筆者が、とてもよくモテる「色気がある女性」の特徴をまとめてみました。

ゆっくり話す

早口でまくしたてるように話す姿は、色気とは真逆のもの。焦っているようにも、怒っているようにも見えて、余裕を感じさせないからです。「なんかうるさい」と思われる可能性も。

色気のある女性は基本的にゆっくり話します。ゆっくりと丁寧に言葉を発する様は、悠然と構えているように見えて、どこか艶っぽさを感じさせます。色気を構成する要素のひとつは余裕・余白といったものなのでしょう。ゆっくり言葉にすることを心がけてみて。

目に力が宿っている

相手の顔を見るとき、まず目元に視線がいく、という人は多いと思います。「目は口ほどにモノを言う」なんて言葉もあるように、目は実にいろいろな情報を発するパーツ。目が落ち着きなく泳いでいると「不安そうだな」、目がとろんとしていると「眠そうだな」と感じることも。

色気のある女性は目に力がみなぎっています。生命力を感じさせる目は、ヘルシーな色気を感じさせます。「見るからに健康そうだな」と思わせる女性はモテます。

視線の動かし方が巧み

色気のある女性は視線の動かし方で相手を惹きつけます。話しているときに一点だけを見たり、視線を泳がせたりするのではなく、話の内容や声のトーンに応じて、目線を左から右あるいは逆方向に動かしたり、伏し目がちになったりと、目線をアクティブに動かします。

ただ、その動かし方が落ち着いているのが特徴です。あまりにも素早く動かすと、何かに焦っているようにしか見えません。話し方と同様、ゆっくりペースを意識して。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます