マイクロソフトのタブレット「Surface 3」、499ドルから、4G LTE対応版も

2015.4.2 19:55配信
10.8インチタブレット端末「Surface 3」。日本での発売に関する情報は改めて告知する

米マイクロソフトは、タブレット端末「Surface」史上最薄・最軽量の10.8インチ「Surface 3」を発表し、日本を除く26の国と地域で、3月31日に予約受付けを開始した。価格は499ドルから。日本での発売に関する情報は改めて告知する。

10.8インチのClearType HDマルチタッチディスプレイを搭載。薄型・軽量化を図るとともに、499ドルからの購入しやすい価格で提供する。4G LTE対応版「Surface 3(4G LTE)」もラインアップする。4G LTE対応版の利用可能時期については今後数か月内に詳細情報を発表する。

フル機能のWindowsとOfficeが稼働できるよう最適化するとともに、Windowsアプリケーションを稼働することが可能。フル機能のWindows 8.1を搭載して出荷し、Windows 10が利用可能になった時点で無償アップグレードに対応する。

クアッドコアCPU「Atom x7 プロセッサ」を搭載し、高速で応答性に優れ、バッテリは、最大10時間の動画再生に対応。Dolby Audioスピーカーや、耐久性のあるマグネシウム設計を採用した。また、別売のSurface Penを使って、メモや文書のマーク付けができる。

別売の新しいアクセサリとして、改良したトラックパッドと高速で正確な入力が可能なキーボードを搭載する「Surface 3 Type Cover」、シルバー、ブラック、ブルー、レッドを揃える「Surface Pen」、フルサイズのUSB 3.0ポート、Mini DisplayPort、microSDカードリーダー、Micro USB充電ポートを備え周辺機器が容易に接続できる「Surface 3 Docking Station」を提供する。

Surface 3と新アクセサリは、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、香港、アイルランド、イタリア、韓国、ルクセンブルク、マレーシア、オランダ、ニュージーランド、ノルウェイ、ポルトガル、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、タイ、英国、米国の26の国と地域で、microsoftstore.com、Microsoftストア(米国、カナダ、プエルトリコ)、一部のパートナー小売店を通じて、3月31日から予約受付を開始。5月5日から、同じ市場・同じチャネル経由で、Surface 3、Surface 3 Type Cover、Surface Pen、Surface 3 Docking Station、Surface 3 Screen Protectorを購入できる。

このほか、一般向けの提供を前に、フェニックス大学などの教育機関や、Prada、BASF、エミレーツ航空などの企業は、組織全体で購入し、展開することを公約している。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング