日本初登場もずらり! 春の“ビール”の祭典「フリューリングスフェスト2015」レポ

5月6日まで横浜赤レンガ倉庫で開催される「ヨコハマフリューリングスフェスト2015」。初日の様子を、横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」がレポートしました!

日本初登場のビールも! 5月6日まで横浜赤レンガ倉庫で開催される「ヨコハマフリューリングスフェスト2015」初日の様子をレポート!

※本記事は2015年4月の「はまれぽ」記事を再掲載したものです。

ドイツ流・春のビールの祭典!

今年で3回目となった、ドイツの春祭りにならったビールの祭典「ヨコハマフリューリングスフェスト2015」が4月24日(金)から5月6日(水)までの13日間、横浜赤レンガ倉庫で開かれている。

ドイツカラーの会場

座席は過去最大の1966席(テント内1372席、屋外594席)を設置。入場は無料。

晴れた日には外で楽しんでもいいかも!

ドイツ語で「春(=フリューリングス)」「祭り(=フェスト)」という意味で、2013(平成25)年の初開催時と第2回の2014(平成26)年は約46万人が、日本初登場を含む本場・ドイツビールや料理、地元横浜などのクラフトビールに舌鼓を打った。

今年も初日にこの行列!

行列の最前列にいた横浜市内在住のMさんは「限定ビールを狙ってきた。きょうは3~4杯は飲みたい」と話してくれた。

素敵な笑顔ありがとうございます!
日本初上陸のビールがずらり!

目玉のビールは昨年の約70種類からさらに増え、約80種類。

来場者はバナナを思わせるようなフルーティーさが特徴の「ライカイムヘルヴァイス(写真中、1000円)」「アインガーウアヴァイセ(写真左、1000円)」「フングシュダッターヴァイツェンヘル(写真右、1000円)」などに行列を作った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング