【ビール】コンビニで買える今注目の「クラフトビール」が想像以上のクオリティ! 専門家が飲み比べてみた

人気の「クラフトビール」、実は大手メーカーからも良質な商品が出ているのをご存知ですか? 今回はビールの専門家「ビアソムリエ」の資格を持つライターが、キリン、アサヒ、サントリーから出ている、こだわり「クラフトビール」3種をご紹介します。

現在開催中の『東京ビアウィーク2015』(2015年4月12日まで)。ビールファンの心と喉の乾きをしっかりと潤してくれる、魅力満載のイベントです。それもそのはず、この期間中に都内各地で催されるビール関連イベントはなんと約150!その規模の大きさは、圧巻としか言いようがありません。

『東京ビアウィーク2015』のコンセプトはズバリ「ビールの魅力を再発見」。このテーマのごとく、いま巷では「ビールの新たな魅力」に注目が集まっています。
 

みんなの喉を唸らせる、大手メーカー”謹製”「クラフトビール」

ビール人気が高まる中、特に根強い人気を誇るのが「クラフトビール(ビール職人の手作りビール)」です。クラフトビールというと、外国産や小規模の醸造所で作られているイメージが強いのですが、実は日本の大手メーカーにおいても大変魅力的な商品がつくられていることを、ご存知でしたか。

このトレンドは、いま最も注目したいポイントです。
近頃、大手メーカーの熟練した醸造家達はこぞって自らのクラフトマンシップを発揮し、ビールの可能性を追求すべく思い切ったチャレンジをしながら、個性的なビールづくりに励んでいます。
これらのビールを試さない手はありません!

今回はビールの専門家「ビアソムリエ」(ジャパンビアソムリエ協会認定)の資格を持つ筆者の立場から、おすすめビールメーカーの3ブランドを紹介したいと思います。
 

ビアソムリエおすすめのクラフトビール

【1】春らしい爽やかな香りを楽しめるペールエール
「アサヒクラフトマンシップ ドライペールエール」(アサヒ)

・缶350ml、500ml
・アルコール度数:5.5%
・発売地域:全国のコンビニエンスストア

醸造学マスターが処方監修している「豊かなコク」と「芳醇なホップ」が特長的なドライペールエールです。特に楽しみたいのは、カスケードホップ由来のグレープフルーツのようなアロマ。まさに春にふさわしい、さわやかで華やかな香りです。

また、飲み進めるほどにホップのすっきりした苦みとフルーティーな甘さを実感できます。そして口いっぱいに広がってくる味わい深いコクは、ドライというだけあって後味はさっぱりしており、さわやかな印象を残してくれます。見た目の点でも、ペールエールならではのオレンジがかったゴールドはビールを飲む楽しさを演出してくれます。

ちなみにエールは8°C〜13°Cぐらいであまり冷やしすぎないようにし、発酵由来の華やかな香りを楽しむようにしましょう。

<フードペアリング>
飲み口が軽い方なので、短時間で調理でき、素材を生かした調理法が合っています。カルパッチョやサラダ、マリネ、蒸し物など。素材は鶏肉や白身魚がオススメ。クリームチーズやカッテージチーズも相性がいいです。

人気記事ランキング