【ラーメン二郎】“チョモランマ”超え! 「ニンニクマシマシのマシのマシ」決死の挑戦

横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が、関内のラーメン二郎で「ニンニクチョモランマ」を超える「ニンニクマシマシのマシのマシ」に果敢に(無謀に?)挑んでみました。

「ラーメン二郎」とは、東京の三田に本店を構え、都内を中心に関東各地や仙台、北海道へ支店を展開するラーメン店のひとつ。

超コッテリ系の豚骨醤油スープに自家製の極太麺、チャーシュー(二郎用語では豚と呼ぶ)と大量の野菜が入ったボリュームたっぷりの一杯を提供し、それらを愛するファンは「ジロリアン」とも呼ばれている。

また、「ラーメン二郎」には好みによって、野菜やニンニク、油、味の濃さを「マシ」「マシマシ」などで調整できるのだが、それらのキーワードを超越する禁断の言葉がある。

そう。その名も「チョモランマ」。
 

ニンニクチョモランマ
拡大画像表示

以前、はまれぽ編集部では果敢にも「ニンニクチョモランマ」に挑戦(記事『驚愕!! 「ラーメン二郎」で“ニンニクチョモランマ”を注文し、食べてみた』[ http://ure.pia.co.jp/articles/-/16550 ])し、ニンニクがトラウマになるほどの体験をした。

そんな悪夢から早2年以上が経過し、記憶が薄れかけてきたころ、はまれぽ編集部・木下から指令が入った。

「せっかく(はまれぽが)3周年なのでチョモランマ以上の注文をしてみましょうよ!」

あ、はい。……え?

2013年11月1日、「はまれぽ.com」はオープンしてから3周年を迎えるにあたり、編集部内ではいろいろな企画を考案していた。そんな矢先にこれである。

 

悪夢、ふたたび

黄色い看板が眩しい
拡大画像表示

10月某日、編集部・千葉が「約束の地(意味が分からない)」と豪語する、JR関内駅から徒歩7分ほどの「ラーメン二郎横浜関内店」へ、木下に引きずられるような形で、列に並ぶことに。閉店時間である22時前にもかかわらず、店前には行列ができていた。

「チョモランマ! チョモランマ!」と健気に叫ぶ木下の顔が悪魔に見えてくる。

しかし、まてよ? 昨今、「チョモランマ」という注文方法はネット上ではふざけている、などの理由によりあまりよろしくないとされている……そこで今回は別の注文方法で挑戦してみることにした。

「マシマシ」の「マシ」ならどうだ? いや、それだと「チョモランマ」と同じくらいの量になるかもしれないので、今回は「ニンニクマシマシのマシのマシ」にしてみよう!

 

震える手で食券を購入
拡大画像表示

あらかじめ券売機で「小ラーメン(650円)」の食券を購入し、しばし席が空くのを待つこと10数分。

先客が出たので、その位置へ滑りこみながら待っていると、あの時の記憶がフラッシュバックしてくる。しかし今回はそれ以上のものにチャレンジしなくてはならないのだ。

待つこと数分、店員が「ニンニク入れますか?」と注文を聞いてきた。「ニンニクマシマシのマシのマシで!」と無茶な注文にもかかわらず、店員は笑顔でどんぶりへ豪快にニンニクを投入! 「いや、そんなに入れなくていいから……」と喉から声が出そうになった瞬間、横に座っていた木下がとんでもないことをしてくれた。

「もっとマシで! あ、もっとお願いします!」

木下……正気ですか?

人気記事ランキング