「高嶺の花」と思われがちな、美人・高学歴・高収入などの“ハイスペック女子”。

本人がアピールしているわけではないのに、そのハイスペックさが、相手にプレッシャーをかけてしまうこともしばしば。ハイスペックというだけで、男性を怖じ気づかせてしまうのに、“ちょっとした行動”が、より男性を遠ざけているかも。周りからみれば、非の打ち所がないのに、彼氏がいない、結婚できない女子は、もしかしたら、男性をビビらせているからかも。

紹介できる人がいない

ハイスペック女子が陥りがちなのが「ぴったりの人がいない」と、“周囲に”思われること。

例えば、ハイスペック女子が「素敵な男性がいたら紹介してね」と言うと「あなたみたいにレベルが高い女子に、紹介できる男性なんていないわよ~」という返事が……。周囲は「ハイスペック女子=男性にもハイレベルを求めている」と思っているのです。ハイスペックという理由で、恋愛対象からはじかれるなんて悲しい……というより、悔しい! 

そんな女子は、具体的に「好みの男性」を伝えて「誰かいい人いない?」と聞くといいと思います。周りは勝手に「美人はイケメンが好き」「ハイスペック女子は学歴が高い男性が好き」「高収入だから高収入の男性を求める」など、短絡的なイメージを持っていることが多いもの。ですから「イケメンは苦手」「学歴より、たくましい男性がいい」「私が稼ぐから、収入は気にしない」などと伝えると、「それなら、こんな人がいるけど…」と、チャンスが広がるはず!

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます