「映像化不可能!」と言われた『イニシエーション・ラブ』を原作ファンが半信半疑で見に行ってきた

2015.5.30 10:30

5月23日に映画「イニシエーション・ラブ」が公開。この作品は、乾くるみの同名大ヒット小説を映画化したもので、映像化は無理! と言われていた作品。小説だからこそ(強調)使用できたはずのトリックなのに、一体それをどう表現したのか!? この目で確かめなくては!と思い、さっそく映画館に向かいました。

©2015 乾くるみ/「イニシエーション・ラブ」製作委員会

5月23日に松田翔太さん&前田敦子さん主演で映画「イニシエーション・ラブ」が公開されました!この作品は、乾くるみさんの大ヒット小説『イニシエーション・ラブ』(原書房/文春文庫刊)を映画化したもので、映像化は無理! と言われていた作品です。

筆者は原作の大ファンだったので「映画化される」というニュースを聞いたときはとても驚きました……。

一見どこから見ても甘~く切な~い普通の恋愛小説なのに、最後から2行目で、全く違った物語に変貌してしまう、傑作ミステリーとも言える『イニシエーション・ラブ』。

小説ならでは、小説だからこそ(強調)使用できたはずのトリックなのに、映像化で一体それをどう表現したのだろう!? この目で確かめなくては!! と、変な正義感にかられ、さっそく映画館に向かいました。今回はその模様をレポートしたいと思います。

そもそも『イニシエーション・ラブ』はどんなお話?

このお話の舞台は「ハイレグ」や、「男女7人夏物語」が流行した80年代の静岡と東京で、Side-Aと、Side-Bの2編で綴られるラブストーリーです。

主人公は「鈴木」と言う名の、真面目で純真な大学生。彼は、代打で参加した合コンで「繭子」という歯科助手の女の子と出会い、紆余曲折を経て、無事カップルになります。

繭子のアドバイスで、ポッチャリしていてちょっとダサかった鈴木君は、メガネをコンタクトにしたり、車の運転免許を取得したり、髪型を変えたりと、少しずつ外見も内面も変化していきます。ドキドキの初デートや鈴木君の妄想が微笑ましく、思わずニヤニヤしながら見てしまうのが「静岡編」<Side-A>です。

Side-Bでは、就職して鈴木が東京に行くことになり、静岡と東京で遠距離恋愛になる様子が描かれています。始めは休みの度に繭子に会いに静岡に来ていた鈴木ですが、東京のデキる女・「美弥子」の出現で、いつしか二人の関係はギクシャクしてしまいます……。二人の関係が微妙に変わっていく様子が描かれているのが「東京編」<Side-B>です。

Side-A、Side-B共に「うんうん、あるある!」と思わずうなずきながら読んでしまう、ときに甘~い、ときにほろ苦~い、本当に普通の恋愛小説なのですが、それが実は、物語の最後の最後で、とんでもない秘密が隠されていたことが明らかになります!

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント