【怖すぎ】“ゾンビ”が代々木に大量発生! 仰天イベント「ゾンビウォーキング」に参加してみた【写真満載】

2015.5.27 17:30

東京にゾンビが出現!? …ゾンビ姿でウォーキングを行う仰天イベント「代々木公園ゾンビウォーキング」が開催されました。本格的すぎるメイクを施した老若男女のゾンビたちが大量出現した、インパクト大の模様をレポートします!

【WARNING /一部グロテスクな要素があります。苦手な方はご注意ください】 

ホラー映画でもおなじみのキャラクター、ゾンビ。その強烈なビジュアルや行動、あまりの怖さに、夜中にトイレに行けなくなってしまった事も、一度や二度ではありません……。

しかし、ゾンビだって元々は人間。生きている人にも色々あるのだから、ゾンビにも色々あってもいいのでは? ゾンビの格好をしてみたらゾンビの“何か”が分かるようになるかも!?

……ということで、ゾンビになってウォーキングしてみました。

「ゾンビになろう!」How to ゾンビ?

まず必要になるのは、ゾンビメイクとゾンビの衣装。一見すると難しそうですが、身近にある材料を使って意外と気軽に変身できました。『こういうゾンビになりたい!』というイメージを再現するもよし、ゾンビメイクや生傷メイクの合わせ技で個性を出すもよし。

ハロウィンやコスプレ関連のサイトにも参考になる情報がたくさんあるので、理想のゾンビ像を追求してみましょう。

※今回取材させていただいた、代々木公園ゾンビウォーキング2015主催ZOMBIENA(ゾンビーナ)のサイトでも変身方法を紹介されています。

イベント参加に向けて取材班が準備したのはこちら。

ゾンビの勝負服、その名もゾンビ服。
ネクタイとメガネで社畜風ゾンビにしてみました。

べっとり血濡れた手形と、ランダムな焦げ感がポイント。詳しい衣装の作り方は過去記事【ゾンビにも作れる? 】“早い、安い、簡単” ゾンビ服を作ってみたら、想像以上の出来栄えになった。ハロウィンにも大活躍間違いなし!をご参照ください→

そして生傷メイク。ティッシュとゼラチンを重ねて、色を付ければ完成。

思い切ってやった方が本物っぽい。だってゾンビですから。

人生初のゾンビ体験

それにしても、なんという“ゾンびより”でしょう!

どこまでも続く厚い雲、じっとりと肌にまとわりつく湿気、生ぬるい暑さ。当日の朝まで雨だったおかげで、ゾンビウイルスが繁殖するのにこれ以上ないコンディション。

ゾンビウォークはメイク・着替えが完了した状態でするのが条件だったので、今回1時間前に会場の公園に到着。さすがに早すぎたと大勢の人でにぎわう公園を見渡してみると……

!!!!!! 第1ゾンビ発見しました!!

「ヤバチケ」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング