店長はバルタン星人! 地球初出店「怪獣酒場」に行ってきた【写真満載】

ウルトラマンに負け続けている怪獣達が愚痴をこぼしながら一杯やっているというお店「怪獣酒場」が川崎駅前にオープン。横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が、気になる全貌を調査しました!

ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべくはまれぽが体を張って調査!

今回のテーマは…

<横浜のココがキニナル!>
川崎駅前に怪獣酒場というお店がオープン。ウルトラマンに負け続けている怪獣達が愚痴をこぼしながら一杯やっている、というコンセプトらしい(駅馬車さん、そのほかのキニナル)

 

怪獣酒場の店長はバルタン星人
怪獣酒場は川崎駅前、NOF川崎東口ビルの地下1階にある
 
「ジャミラの真実の口」残念ながら、地球防衛隊関係者だと入店できない

2014(平成26)年3月14日、川崎駅前に宇宙人・怪獣諸氏のための憩いと議論の場『怪獣酒場』が期間限定で地球初出店!

開店前日の3月13日(木)に行われた内覧会に行ってきた。

怪獣酒場の地球人向け営業は地球征服のための資金集めの手段でもあるという。記者に紛した地球防衛隊が入ってきて戦闘が起きるかもしれない。ビクビクしながらの取材である。

しかし、店舗の入り口には「ジャミラの真実の口」があった。防衛隊関係者やヒーローに変身できる者がこの口に手を入れると抜けなくなってしまうという。なるほど、これならば安心だ。

 

バルタン星人店長のあいさつ

飲んでくつろいでいる怪獣たち  ©円谷プロ

怪獣酒場は本来、いつもヒーローたちにやっつけられている宇宙人や怪獣たちが憂さ晴らしをしたり、地球侵略の作戦を練るための場所で、店長はバルタン星人だ。

ただし、地球人向けの営業時間には怪獣たちは来店しないので一緒に飲むことはできないらしい。

また、地球人向けの営業時間にはお客を怖がらせないため、バルタン星人店長は姿を見せないのだが、この日だけは地球征服の資金集めの宣伝ということで特別に来てくれた。

高度な知能で、瞬間移動能力があり分身するかのように移動するバルタン星人

「フォッフォッフォ、フォッフォッフォッフォ」とスピーチを行った。

同時通訳による内容は「地球人たちよ、怪獣酒場にようこそ。怪獣酒場で楽しんでくれたまえ」という意味らしい。

今回の開店がなぜ1年間だけの限定なのかと聞くと、地球侵略の資金源として効果的かどうか、また地球防衛隊やヒーローたちの邪魔が入らないかなどの検証を行うためとのこと。

うまくいけば多店舗展開も視野に入れているということだが、バルタン星人はなかなか慎重な性格のようだ。

 
この幾何学的な模様は・・・あ、怪しい

「今日は特別だが、普段は姿を見せることができないので、地球人のスタッフを紹介しておく」と、バルタン星人店長がふたりの女性スタッフを呼び寄せた。

普通の美女に見えるが、筆者はシャツに見せている肌の柄から見抜いてしまった。あの幾何学的な縞模様は「三面怪人」の別名を持つ怪獣「ダダ」そのものだ。地球人に化けているに違いない。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング