【ディズニー・チャンネル】ヴィランズの子孫が10代だったら? 最新映画『ディセンダンツ』監督インタビュー

今年ディズニー・チャンネルにて独占初放送される、ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー最新作『ディセンダンツ』。本国アメリカでも7月31日に放送という、話題の最新作の注目ポイントをひと足お先にご紹介します。『ハイスクール・ミュージカル』に続き今作でも監督を務めるケニー・オルテガのインタビューも!

©Disney

今年ディズニー・チャンネルにて独占初放送される、ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー最新作『ディセンダンツ』。

本国アメリカでも7月31日に放送という、話題の最新作の注目ポイントをひと足お先にご紹介します。

『ハイスクール・ミュージカル』に続き今作でも監督を務めるケニー・オルテガのインタビューも!

 

ディズニー・キャラクターにもし子供がいて、10代だったら?

『美女と野獣』『眠れる森の美女』『白雪姫』

…ディズニーを代表する作品のキャラクターたちにもし子孫がいて、10代だったら?

そんな大胆な発想から生まれたコメディ作品が今年登場します。

 

主役はディズニー・ヴィランズたちとその“子孫”

ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー最新作のタイトル『ディセンダンツ』(原題:Descendants)は、直訳すると「子孫」という意味。

主人公はディズニー・ヴィランズの子孫。

ディズニーの悪役たちはとある島に追放され、彼らの息子・娘と共に悪さもできない生活を送っていました。

ある日、悪役の子孫たちにチャンスを与えることになり、ヒーローの子孫たちと一緒の学校に通うことに。

悪役たちはこれを利用して悪さを企みます。

親の命を受けた悪役の子孫たち、彼らは親と同じように悪の道に突き進むしかないのか?

それとも自分の手で人生を切り拓くことができるのか?

悪名高き親を持つがゆえの子どもたちの葛藤や、彼らの心の成長を描きます。

 

“子孫たち”は10代。主役は期待のディズニー・チャンネル・スター

物語のメインとなる、ディズニー・キャラクターの子孫たちは誰もが親の特徴を受け継ぐ個性豊かなキャラクター。

悪役の子孫たちは、マレフィセントの娘マル、白雪姫の女王の娘エビー、ジャファーの息子ジェイ、クルエラの息子カルロス。

一方、ヒーローたちの子孫は美女と野獣の息子ベンやシンデレラの息子チャド、フェアリー・ゴッドマザーの娘ジェーン、オーロラ姫の娘オードリー、ムーランの娘ロニーなど…

名前だけでなく、格好や性格も親らしさを受け継いでいる彼らはどのように成長していくのでしょうか。

主役のマル(マレフィセントの娘)を演じるのは、ダヴ・キャメロン。

彼女はドラマシリーズ「うわさのツインズ リブとマディ」で主人公を一人二役で務めている、ディズニー・チャンネル・スター期待の新星です。

 

監督は『ハイスクール・ミュージカル』のケニー・オルテガ

 

©Disney

『ディセンダンツ』のエグゼクティブ・プロデューサー兼監督は、『ハイスクール・ミュージカル』シリーズや『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』をそれぞれ監督として手掛けたケニー・オルテガ。

『ハイスクール・ミュージカル』でディズニー・チャンネルの歴史を変えた彼が、再びディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーに帰ってきます!

そんなケニー・オルテガ監督にウレぴあ総研ディズニー特集がインタビューを行いました。

 

伝統的なキャラクターに新たなエネルギーを吹き込む

ケニー・オルテガ監督:『ディセンダンツ』では、ディズニーの伝統的なキャラクターで遊ぶことになります。

ウォルト・ディズニーが生み出したキャラクターに敬意を持ち、歴史や伝統を大切にしながらも、新しいエネルギーを持たせることにしました。

この作品は「昔々」ではなく「今」を舞台にした物語です。

ハッピーエンドの後を現代の視点で描いています。

はじめ、ディズニーから脚本を提示され、それを読んですぐに監督を引き受けると回答しました。

非常に素晴らしい脚本家による作品です。

 

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント