日本気象協会が発表した「花粉飛散予測」によると、2月中旬に、九州、四国、東海、関東地方の一部から花粉シーズンスタートということで、敏感な方は、そろそろ鼻がムズムズし始める頃かもしれませんね。

さて、さまざまな花粉対策グッズはあるものの、花粉症対策の鉄則である「花粉を家の中に持ち込まない」ことへの対策は、建物に入る前に衣服を手でを払うという基本はもちろんのこと、「衣服」自体の選択も大切なのではないでしょうか。

そこで今回は、“花粉がつきにくい”注目アイテムをご紹介します!

花粉がつきにくいコート

トレンチコート(キルトライナー・ベルト付き) ベージュグレー

一番花粉に触れやすいアウターは、バッチリ対策しておきたいですね。花粉がつきにくいコートがありますよ。

『C:Smile トレンチコート』は、細い糸を高密度で織り上げた「ポランバリア® V」素材を使ったトレンチコートで、なめらかな生地表面のため、花粉が落ちやすいのが特長です。さらに紫外線も90%以上をカットしてくれる安心なアウターです。

着丈を85cmと95cmから選ぶことができます。カラーはブラック、ベージュ、ピーチピンク、ベージュグレー、ネイビー、グレイッシュグリーンの6種。自宅で手洗いできるのも、いつも清潔に保つことができて、うれしいですね!

ニットなのに花粉がつきにくい!?

カーディガン

春先はまだ肌寒い日も多く、温度調節ができる羽織もの重宝する時期。でも、ニットのカーディガンはいかにも繊維の間に花粉がついてしまいそうなイメージががあり、敬遠している人もいるかもしれません。

でも、ニットカーディガンにもありました、花粉がつきにくいものが!

きれいめシルエットのロング丈デザインに花粉ケア機能がついた機能的なカーディガン『C:Smile ロングニットカーディガン』。繊維の表面が平滑になる加工を施しているため、花粉がつきにくく、ついても軽く払うだけで簡単に落ちるのが特長です。こちらも自宅で洗えます!

コートもカーディガンもよく着るものだからこそ、花粉対策をしたいもの。

今回ご紹介したトレンチコートもカーディガンも、デザインがシンプルなので、取り入れやすいのもいいですね。

花粉をできるだけ寄せ付けないようにして、この時期を少しでも快適に乗り切りましょう!

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子はボウズ2人。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます