アンコール

2月5日、「クズ野郎達の傷の舐め合い思い出作りツアー」のファイナル公演が、大阪・梅田QUATTROにて開催された。

出演者は鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)、SHIN、Jin-Machine、JESTIVAL、遺伝子組換こども会。「クズ野郎達」「傷の舐め合い」「思い出作り」と前向きな要素がひとつもない自虐三連打なタイトルながら、それぞれが個性を存分に発揮した、アットホームなツアー最終日の模様をレポートする。

JESTIVAL

JESTIVAL・クララ(Vo)

トップバッターはJESTIVAL。鬼龍院とは旧知の仲であり、過去にはラジオで共演したこともあるクララ(Vo)のソロプロジェクトだ。登場するやいなや、おもむろに「そろそろ盛り上がり方を考えていこうと思いまして、Bメロはこうで、サビは…」と、ノリ方の話から始まり、気を取り直してスタイリッシュに『FAREWELL』からスタート。

「このツアーでは、女(※アイドル)との思い出深い土地を回らせてもらったけど、この大阪にも女(※メイドカフェ)との思い出があります!」と、重度のオタクという氏らしいMCで会場を温める。

「思いの外盛り上がったんで」と、楽曲をバラードから変更、アップテンポな『チェキを遺影に』へ。フロアだけでなく、ステージ袖のスタッフまで煽っていくクララ。

満員の会場を見渡し、「人生のピークです」とイベントへの感謝を伝え、「一人(バンドからソロへ)になったけど、俺さえエンジンかけていけば続けられるから、また“思い出”を更新していきましょう」と、ラストは『FOCUS LIGHT』で締めくくった。

目を引くイカ(?)のマスク、人柄の伺えるMC、ヴィジュアル系のツボを抑えた楽曲、すべてが絶妙なバランスで成り立っているステージだった。

JESTIVAL・クララ(Vo)
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます