『相性占い』があるくらい『相性』は身近な言葉ですが、そもそも『相性』と言われてもなんだかピンとこない。そんな方もいるでしょう。

そこで今回は、男性は女性のどういった言動に『相性の良さ』を感じるのかをご紹介します。

無言の時間も楽しめる

同性の友達でも同じことですが、一緒に話をしていて楽しい人、楽しくない人、会話が続く人、続かない人がいますよね。

もしくは楽しくないとき、会話が続かないとき、自分がその場をなんとか切り抜けよう、盛り上げようとして無理に話題を作ったり、話を繋げようとしたり…。

こういったように、自分が女性と話をする上で、なんらかの“無理をする”ということが『ない』と思わせる女性に男性は相性の良さを感じます。

また、男女問わず、聞くほうが好きな人、話す方が好きな人がいるように、自然体の自分になったとき、どちらかに分かれるものですが、これが男女で対極にあると、相性の良さを感じやすいです。

無理して聞く必要もなく、話す必要もない。そんな自然体の自分でいられたとき、言葉を交わさない時間が苦痛だと思わず、むしろ違和感がないことに心地よさを感じて「相性がいい」と思うものなのですよ。

衝撃的な気づきには、運命まで感じてしまう

恋人関係になると、男性が好む女性に変わりたいからと、服やメイクという見た目から、中身まで彼色に染まろうとする女性っていますよね。

しかしながら、男性に「相性がいい」と思ってもらいたいなら、その作戦はおすすめしません。

男性は、新しい発見に興味を惹かれやすく、それは異性に対しても同じです。だからと言って「自分にはない、ありえない」と思わせるような発見は拒否反応を示してしまうため、あまり意味はありません。

男性は『自分にはないもののように見えて、実は自分の内側にあるもの』を女性が気づかせてくれた時に、とてつもない衝撃を感じます。

つまり、自分が隠していた魅力や、遠慮していた自分を引き出してくれたりする機会を与えてくれた女性には特別感を感じるため、運命すら感じてしまうほどになるのです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます