LINE史上最大の「全員にあげちゃう 300億円祭」

LINEは5月16日、LINE史上最大となる「祝!令和 全員にあげちゃう 300億円祭」を開催すると発表した。期間は5月20日11時から29日23時59分まで。LINEの送金機能を使って、総額300億円相当(一人1回、1000相当のLINE Payボーナス)を山分けするという早い者勝ちのキャンペーン。

LINE Payボーナスの登録は、(1)銀行口座の登録、(2)かんたん本人確認(オンライン本人確認 e-KYC)、(3)郵送本人確認の三つから選択。登録したスマートフォン(スマホ)であれば受け取ることができる。

LINEにとっては、キャンペーンが終了すると3000万人が「LINE Pay かんたん本人確認」などを登録したことになる。

送金の仕方は、キャンペーン画面の下に表示される「無料で1000円相当を送る」をタップして、LINEに登録した友だちやグループを選択して「送金する」をタップするだけ。1000円相当のLINE Payボーナスを受け取ったユーザーは、LINE Pay加盟店での支払いなどに使える。

一人1回だけの受け取りであるため、LINE Payボーナスを送信したが受け取ってもらえなかった友だちがいた場合、その友達は既に誰かから送付されたということ。そのため「早い者勝ち」となり、総額300億円に達した時点でキャンペーンは終了する。LINE PayアプリやLINE Payを使っていないユーザーでも、LINEアプリを使っていれば送金できる。

LINE Payボーナスは、従来のLINE Pay残高やLINEポイントと異なり、「決済」と「送金」ができるが、「出金」ができない。LINE pay残高は決済、送付、出金ができる。LINEポイントは決済のみで、送金と出金ができない。

LINE Payでは、5月からスマートフォンのカメラ撮影と顔認証機能を使って、身分証があれば最短数分で本人確認が可能なオンライン本人確認(e-KYC)技術を使った「LINE Pay かんたん本人確認」を開始。本人確認の完了が利用条件となる個人間の送金や出金機能を、より簡単に多くのユーザーが利用できるようにした。

LINE Pay かんたん本人確認の登録は、LINEアプリ内から必要情報を入力し、身分証の撮影データをアップロードする。表示される指示に沿ってスマホのカメラで身分証と自分の顔などを撮影し、送信したデータをもとにLINE Pay側で本人確認書類と照合すると、最短数分で登録が完了する。

身分証は、運転免許証や運転経歴証明書のほか、日本国政府発行のパスポート、在留カード、特別永住者証明書、マイナンバーカードに対応する。

LINE Payは、本人確認前の「LINE Cash」(前払式支払手段)と本人確認完了後の「LINE Money」(資金移動業)と2種類のアカウントを提供。本人確認が完了すると、アカウント残高のチャージ上限額が10万円から100万円に拡大したり、LINEの友だちへの送金、銀行口座やATMへの出金が可能になったりする。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます