条件を満たす車両の「走る・曲がる・止まる」に関わる修理が3か月間無料に

メルカリは6月13日に、フリマアプリ「メルカリ」で、安心・安全に、手間なく自動車の売買が可能になる「車検証2次元コード出品」機能と「メルカリあんしん自動車保証」制度を、自動車本体カテゴリーの商品を対象に導入した。 2016年5月から自動車車体の取扱を開始したが、自動車本体取引に関するアンケート調査でわかった不満点・不安点を解消するべく、今回の新機能・新サービスを導入した。また、自動車輸送会社と連携し、取引画面上から車両の陸送や名義変更代行が申し込み可能になった。

「車検証2次元コード出品」機能では、自動車を出品する際、メルカリアプリの出品画面で「車検証のQRコードでかんたん入力」ボタンを押してカメラを起動し、車検証下部のQRコードを読み取ると、メーカー名や車種、車検証の期限といった商品情報が自動入力される。当初はiOS版限定だが、今後、Android版アプリでも対応予定。

「メルカリあんしん自動車保証」では、メルカリアプリ(iOS版/Android版)から同保証の対象となる自動車を購入したユーザーに対し、メルカリでの取引完了後、3か月間「走る・曲がる・止まる」に関わる自動車修理を無料で受けられる保証を提供する。保証の上限金額は30万円。なお、事故や不正行為による故障は対象外。

保証対象となる自動車の条件は、国産車、年式が10年以内、走行距離10万km以内、車検証が有効期限内、出品者による車両の動作チェック済みであること。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます