コーヒーミーティング


2012年2月にリリースされ、現在会員数が7,500人を超えた、今注目株の新サービスです。簡単にいうと、Web上でお茶したい人を探すというもの。自分の「空き時間」をWeb上へ共有し、30分か60分のミーティングとして設定します。そこへ誰かが「ミーティングしましょう」と申請してくる仕組み。

こちらもソーシャルランチと同じく、会員登録にはFacebookのアカウントが必要なので安心。会員登録後は登録している人のプロフィールを見て、会ってみたい人をチェックしましょう。誰がどんなことに興味を持っているか、何を話したいかなどは100以上もある「タグ」で管理されています。

気になる人がいたら「いつかお茶したい」ボタンを押しておくと、相手がミーティングを設定したときにお知らせが来ます。そこですかさず、ミーティング申請を行うことがポイント。人気のある人だと、すぐに複数の申請が来て「予約済」というような状態になってしまいます。

ミーティングには2パターンあり、自分が主催者になる場合、他人主催のものに参加する場合があります。こちらは1対1で会うのが原則。ペアだと予定を合わせるのが大変ですが、1人だと気軽に予定を入れられます。またランチタイムではなく、空いている時間ならいつでもミーティングできるのも嬉しいですよね。

時間は30分か60分。特に話が弾む相手の場合、30分だと「もっと話したかった」と思うこと確実。絶妙な長さの時間なので「次はランチで語りましょう」と交流が続いていくことも。コーヒーミーティング中毒になる人の気持ちが分かります。私もその1人ですが。成立したミーティングは現在1,100件を超えたそう。

ヒルカツ


人脈作りサービスは、社会人だけにとどまりません。「ヒルカツ」という就活生のOB、OG訪問を目的としたWebサービスも、2012年2月に正式にリリースされました。主に学生2人対社会人1人で、ランチタイムに会うのだとか。こんなサービスが自分の就活時代にもあったらなぁと思ってしまいます。便利な時代になったものです。

  ソーシャルランチ コーヒーミーティング ヒルカツ
サービス開始時期 2011年10月 2012年2月 2012年2月
対象 社会人 社会人、学生 学生
目的 ビジネス ビジネスなど OB訪問
時間 ランチタイム いつでも ランチタイム
形態 2対2の4人 1対1の2人 主に2対1の3人


仕事の話を真剣にしたいときはソーシャルランチ、打ち合わせの合間に1時間あるなというときはコーヒーミーティングを、というように使い分けています。知らない世界の話を聞けたり、仕事につながる出会いなどがあったりします。異業種交流会などではない、“ゆるい人脈作り”ができる点が、旬っぽくて良いのかも知れませんね。

フリー編集者・ライター。岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます