富士通、Windows 10搭載のPC・タブレット、ウェブ限定モデルも

2016.1.19 17:2配信
LIFEBOOK AH90/X(GRANNOTE)

富士通は、Widnows 10搭載個人向けPCの新製品として、ノートPC「LIFEBOOK AH」、タブレット端末「arrows Tab RH」、液晶一体型PC「ESPRIMO FH」の3シリーズ7機種を1月22日から順次発売する。価格はいずれもオープン。また、2月19日からオンラインショップWEB MART限定のカスタムメイドモデル5シリーズ5機種を販売する。

今回発表した店頭向けモデルは、いずれもOSにWindows 10 Home 64ビットを採用する。

「LIFEBOOK AH」シリーズのラインアップは、「AH90/X(GRANNOTE)」「AH53/X」「AH45/X」「AH42/X」の4機種。

「AH90/X(GRANNOTE)」は、使い心地やサービス、デザインにこだわった15.6インチノートPCで、同社初の4K液晶や、ハイレゾ音源の再生に適したオンキヨー製スピーカーで、迫力ある映像や臨場感あふれるサウンドを楽しめる。

キーボードにはバックライト対応でガラス調の「プリズムクリアキー」を採用し、キーストローク約2.5mmで、各指の力に応じてエリアごとにキーの重さを3段階で設定できる。また、日本語入力システムにはジャストシステムの「ATOK」を備える。

このほか、「My Cloud プレミアム」サービスのうち、月額583円で他社製の周辺機器やソフトについての相談も可能な「あんしんプラス」コースを1年間無料で提供する。

CPUにインテルCore i7-6700HQを採用し、タッチパネル対応15.6インチワイド液晶ディスプレイ(解像度3840×2160)、8GBのメモリ、1TBのHDD、BD(ブルーレイディスク)ドライブ、Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービスを搭載する。インターフェイスは、USB3.0×3、USB2.0×1、HDMI出力×1、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート、SDカードスロットなどを備えている。対応無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.1、NFC(近距離無線通信)。

バッテリ駆動時間は約4.9時間。サイズは幅378.0×高さ25.7~27.4×奥行き256.0mmで、重さは約2.5kg。2月中旬の発売で、WEB MARTでの税別価格は22万4800円。

「AH53/X」「AH45/X」「AH42/X」は、いずれも1TBのHDD、Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービスを搭載する。インターフェイスは、USB3.0×3、USB2.0×1、HDMI出力×1、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート、SDカードスロットなどを備えている。対応無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.1。発売は1月22日。

「AH53/X」は、「AH90/X」と同じく、「プリズムクリアキー」とオンキヨー製スピーカーを採用する。CPUにインテルCore i7-6700HQを採用し、15.6インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)、8GBのメモリ、BDドライブを搭載する。

バッテリ駆動時間は約5.4時間。サイズは幅378.0×高さ24.7~26.4×奥行き256.0mmで、重さは約2.3kg。カラーは、シャイニーブラック、ルビーレッド、アーバンホワイトの3色。WEB MARTでの税別価格は20万4800円。

「AH45/X」は、CPUにインテルCore i3-6100Uを採用し、15.6インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1366×768)、4GBのメモリ、BDドライブを搭載する。

バッテリ駆動時間は約7.3時間。サイズは幅378.0×高さ24.7~26.4×奥行き256.0mmで、重さは約2.3kg。カラーは、シャイニーブラック、ルビーレッド、プレミアムホワイトの3色。WEB MARTでの税別価格は16万4800円。

「AH42/X」は、CPUにインテルCeleron 3205Uを採用し、15.6インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1366×768)、4GBのメモリ、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。

バッテリ駆動時間は約9.2時間。サイズは幅378.0×高さ25.4~30.0×奥行き255.9mmで、重さは約2.4kg。カラーは、シャイニーブラック、ルビーレッド、アーバンホワイトの3色。WEB MARTでの税別価格は14万4800円。

「arrows Tab RH77/X」は、マグネットで着脱できるカバーキーボードを備えながら薄型・軽量で、ノートPCとしても使用可能な12.5インチの2Wayタブレット端末。付属のスタイラスペンを使った、Microsoft Edgeへの手書きメモ入力にも対応する。

CPUにインテルCore i5-6200Uを採用し、タッチパネル対応12.5インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)、4GBのメモリ、256GBのSSD、Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービスを搭載する。インターフェイスはUSB3.0×1、Mini DisplayPort×1、microSDカードスロットなどを備えている。対応無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.1。

タブレット部のみでは、サイズが幅319.0×高さ9.5×奥行き201.3mmで、重さは約890g。カバーキーボード装着時は、サイズが幅319.0×高さ14.7×奥行き201.3mmで、重さは約1.25kg。3月上旬の発売で、WEB MARTでの税別価格は18万9800円。

「ESPRIMO FHシリーズ」は、デュアルTVチューナーを搭載し、「SeeQVault」に対応した23インチの液晶一体型PC。ラインアップは、「FH77/XD」と「FH53/XD」の2モデルで、どちらも23インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)を搭載し、1月22日の発売。

「FH77/XD」は、CPUにインテルCore i7-6700Tを採用し、8GBのメモリ、2TBのHDD、BDドライブ、Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービスを搭載する。インターフェイスはUSB 3.1(Type-C)×1基USB3.0×4、USB2.0×1、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート、SDカードスロットなどを備えている。対応無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.1。WEB MARTでの税別価格は22万9800円。

「FH53/XD」は、CPUにインテルCeleron 2950Mを採用し、4GBのメモリ、1TBのHDD、DVDスーパーマルチドライブ、Microsoft Office Personal Premium プラス Office 365 サービスを搭載する。インターフェイスは、USB3.0×4、USB2.0×2、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート、SDカードスロットなどを備えている。対応無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.0。WEB MARTでの税別価格は18万4800円。

このほか、「My Cloud プレイ」に新機能として類似写真をまとめて表示する「フォトギャザー」を追加するとともに、「My Cloudプレミアム」サービスの月額利用料を実質4か月間無料にするキャンペーンを、1月18日から開始した。

WEB MART限定のカスタムメイドモデルは、13.3インチのモバイルノードPC「LIFEBOOK WU1/X」、10.1インチタブレット端末「arrows Tab WQ2/X」、液晶分離型デスクトップPC「ESPRIMO WD1/X」のほか、「arrows Tab RHシリーズ」に「WR1/X」、「ESPRIMO FHシリーズ」に「WF1/X」を用意する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング