【ディズニー/ピクサー】『アーロと少年』監督も激流に飲まれた? ピクサーの“実際にやってみた”精神がすごすぎる

2016.3.11 15:00

2016年3月12日(土)に公開されるピクサー最新作『アーロと少年』。 もしも隕石が地球に衝突せず、恐竜たちが文明を築いていたら? という世界を描いた作品です。 架空の世界を描いた作品ですが、ピクサーはリサーチを怠りません。 監督自ら、身体を張ったリサーチで、よりリアルな「もしも」の世界を創り上げていきました。 今回は、『アーロと少年』制作現場のエピソードをご紹介します。

THE GOOD DINOSAUR © 2016 Disney/Pixar

2016年3月12日(土)に公開されるピクサー最新作『アーロと少年』。

もしも隕石が地球に衝突せず、恐竜たちが文明を築いていたら? という世界を描いた作品です。

架空の世界を描いた作品ですが、ピクサーはリサーチを怠りません。

監督自ら、身体を張ったリサーチで、よりリアルな「もしも」の世界を創り上げていきました。

今回は、『アーロと少年』制作現場のエピソードをご紹介します。

 

家を建てた? 日本にも来た?

ピクサーは、おもちゃの世界、車の世界、頭の中の世界など、私たちが見たことのない世界をアニメーションで描いてきました。

『アーロと少年』も、恐竜が文明を築いたという架空の世界です。

ピクサーでは、私たちが見たことのない世界をよりリアルに感じさせるため、徹底的なリサーチを行ってから世界観を創り上げます。

たとえば、『インサイド・ヘッド』では心理学者や脳科学者をスタジオに招き、頭の中の構造を勉強。

感情がどのように生まれるのかを研究しました。

『カールじいさんの空飛ぶ家』では実際に家を作り、配管の構造までも研究しました。

リサーチはスタジオの外にも飛び出し、『カーズ』では実際にルート66をドライブ、『カーズ2』では日本を訪問し、多くの写真やビデオに記録しています。

『アーロと少年』では恐竜の世界が舞台。

もちろん恐竜の化石や標本を研究しました。

さらに現在いる動物も研究し、アーロはゾウを基にモデリングされています。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント