「桜和菓子」で春を味わう! 手みやげにもオススメ厳選6品

ひとりでも大勢でもいただける、手土産にもおすすめの「桜和菓子」をご紹介します。食卓でもお花見を楽しんでみてはいかがですか?

鶴屋吉信/里桜鶴屋吉信/里桜(432円)

早咲き桜の開花情報が飛び込んでくる季節ですね。
忙しい中でも、少し景色に目を向ける余裕、和菓子でお茶をいれてみる余裕、そんな心のゆとりがほしい季節でもあります。

そこで気分が和らぎ、華やぐ桜のお菓子をご紹介したいと思います。
お部屋で、食卓で、ひとりでも大勢でも楽しめるお菓子なお花見です。

甘楽「紅白道明寺」

まずは少しおめでたい気分で食べたい、甘楽の「紅白道明寺」237円。
見た目通り赤と白の道明寺タイプの桜もち。

甘楽/紅白道明寺甘楽/紅白道明寺(237円)

塩漬けされた桜の葉のでくるまれ、花の塩漬けもあり、塩味が程よいさっぱりした後口。

紅白でありながら小さめサイズなところが、次のお菓子に手がのびる嬉しい大きさ。

菓匠 花見「三色桜餅」

次は関東タイプの皮を使った桜餅から菓匠 花見の「三色桜餅」324円を。

菓匠 花見/三色桜餅菓匠 花見/三色桜餅(324円)

白、緑、桃と三色の皮を使った春感が漂う桜餅。

中の餡はこし餡と柚子餡の二色で大き目サイズ。たっぷりのお茶とともに頂きたい満足な一品。

人気記事ランキング