浦井健治×蒼井優、近親相姦を演じる二人が情熱を傾けるものとは? 舞台『あわれ彼女は娼婦』インタビュー

2016.3.18 12:15

浦井健治と蒼井優。ともに舞台でその実力を高く評価される役者二人が、兄と妹の禁断の愛を描く名作戯曲『あわれ彼女は娼婦』で共演する。役についてはもちろん、お二人がいま情熱を傾けていることについて、話を伺った。

撮影:源 賀津己

浦井健治と蒼井優。ともに舞台でその実力を高く評価される役者二人が、兄と妹の禁断の愛を描く名作戯曲『あわれ彼女は娼婦』で共演する。

17世紀はじめ、実際に近親相姦の罪で処刑された兄妹をモデルに描かれた作品だ。シリアスかつ重厚な物語にもかかわらず、取材の場に現れた二人の雰囲気は明るく楽しいものだった。


————お二人の共演は2012年に劇団☆新感線の『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII』以来4年ぶりとのことですが、その間の活躍はお互いご覧になってどう思っていましたか?


蒼井 私は浦井さんの作品を拝見していますけど……。

浦井 すいません! この前の作品はちょっと観ることができなくて……。

————先日上演された『スポケーンの左手』という舞台は、蒼井さんをはじめ、演出家の小川絵梨子さん、その他にも浦井さんと親しい方がたくさんかかわっていましたよね。


浦井 いやあ、そうなんですよ。観に行けなかったこと、本当に残念で。みんなに言われてます。

蒼井 打ち上げでも、「健ちゃん来なかったね」って話題で持ちきりだった。

浦井 すみません……。

————(笑)。お二人が今回挑まれる『あわれ彼女は娼婦』は、実際にあったという近親相姦を題材とした衝撃的な脚本ですよね。読んでみてどんな感想を?

 

縺ゅo繧悟スシ螂ウ・井ソョ豁」貂茨シ噂018

蒼井 登場人物が多い!

浦井 名前が覚えられない!

————確かに(笑)。兄妹を取り囲むたくさんの人がそれぞれの思惑をもって次々と登場しますね。


浦井 だからこそ、周りがどんなに間違っていると言ったとしても、僕ら兄妹は自分たちを正義と信じて演じることが大事かなと思っています。僕らのそのエネルギーが強ければ強いほど、周りの人々が自分たちのエゴを出すことによって愛憎劇ができあがっていくのではないかと。

役をつかむカギは“動物的”になること?

————簡単には共感しづらい設定ですが、どんなふうに役をつかもうと?


蒼井 うーん、なんだろう? 動物的になることですかね。こういうことが許されないのって、人間社会だけじゃないですか。動物だったらべつに裁かれもしない。ジョンさんが描きたかったことは……。


浦井 ジョンさん?(笑)。

————脚本家のジョン・フォードがぐっと身近になりました(笑)。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング