ズートピアの街並みのルーツは『ピノキオ』

zoo_poster ©2015 Disney Enterprises, Inc.

さらに、リッチ・ムーア監督は、「街全体に歴史観や生活感を盛り込みたかった」と語ります。

「セットのように作られた街ではなく、新しい建物の隣に古い街があり、その隣にはもっと古い街がある。そんな層を持った長い時間をかけて作られた街にしたかった。」

監督がこう考えるようになったきっかけは、ディズニー映画にありました。

『ズートピア』はディズニー最新映画でありながら、これまでのディズニーの伝統をしっかりと受け継いだ作品です。

子どものころからディズニーを愛した2人が、これらの想いをしっかりとズートピアの街に入れ込んでいます。

 

リッチ・ムーア監督は、子どもの時に観た『ピノキオ』が『ズートピア』に影響したと語ります。

冒頭で街を進んでいく映像を観て、当時はマルチプレーン(板に描かれたセル画を何層にも重ねた手法)の映像ですが、『あの角を曲がったら何があるんだろう? 』『あのドアを開けたら何があるんだろう? 』と思いました。

これはスクリーンの中に観客が飛び込む感覚です。

舞台のあらゆるところに冒険や発見が待っている、それがディズニーの醍醐味です。」

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます