プロレス漫画界に異変あり!? ファン目線の“あるあるネタ”満載「可愛い系プロレス漫画」オススメ4作

かつては、劇画タッチの作品が多く、男臭いイメージのあったプロレス漫画。しかし、最近では"燃え"ならぬ"萌え"な絵柄のプロレス漫画も次々に登場しているのです。そんな"可愛い"プロレス漫画をご紹介。

プロレス漫画メイン画像

『タイガーマスク』に『プロレススーパースター列伝』『1・2の三四郎2』、週刊少年ジャンプ作品ならば『キン肉マン』に『THE MOMOTAROH』!

漫画史に燦然と輝く名作プロレス漫画の数々。それらの作品は、いずれも"漢"の漫画というイメージが強いことかと思います。

しかしながら、プロレス好きの女性ファン、通称"プ女子"の登場に象徴されるように、常に団体もファン層も進化を続けているのがプロレス界。

プロレス漫画もさにあらずで、可愛らしい絵柄の"燃え"ならぬ"萌え"な新機軸のプロレス漫画が続々と登場しているのです。プロレス漫画界の維新軍とでも呼ぶべき、オススメの"可愛い"プロレス漫画を紹介させていただきます。

プロレス愛溢れる"あの会社"から誕生したプロレス漫画『ロリクラ☆ほーるど!』

可愛い絵柄で描かれた新世代のプロレス漫画……いわば、プロレス漫画界の"ニューリーダー"とでも呼ぶべき一連の作品群の中から、先ずご紹介したいのが、この『ロリクラ☆ほーるど!』。

WEB漫画サイト『マンガボックス』で好評連載中の作品で、今年に入ってファン待望の単行本第1巻が発売されました。

本作は、とある女子校にあるプロレス部の活動を描いた四コマ漫画。プロレス部が舞台となっていますが、ストーリーはスポ根系の熱血ストーリーではなく、プロレスを愛して止まない女子部員たちの学校生活を賑々しく描写した、所謂"萌え四コマ"に近しい作風となっています。

主人公は、プロレスが苦手だったにも関わらず、半ば強制的に入部させられた"たーにゃ"、ストロングスタイルな試合運びを貫く部長の"なるみ"、関節技が得意なハーフ少女の"カロリー"、ちょっぴりお馬鹿ではあるものの元気いっぱいの"あこ"、凶器を持つと性格が豹変する"さき"(ちなみに、この娘は本作のお色気担当。場外からリングに生還する時のディック・マードックばりに、しばしばパンツが脱げてお尻が出ます)というそれぞれに性格が異なる女の娘、5人組。

この娘たちが部室や校内で、そして時には場外(校外)でプロレスまみれの日々を送る姿がハイテンションなギャグ満載で綴られており、かしましくもユーモラスな漫画となっています。丸っこく可愛い絵柄は勿論のこと、ギャグの熱量も魅力の作品です!

また、作品内には、WWE(アメリカにある世界最大のプロレス団体)ネタを中心としたマニアックなパロディや台詞回しが多数登場。この『ロリクラ☆ほーるど!』、可愛い顔して、実はそのプロレス愛と知識は、大日本プロレスのデスマッチばりに骨太でハードコアなのです。

それもそのはず、『ロリクラ☆ほーるど!』の作者は、『エキサイティングプロレス』シリーズや『レッスルキングダム』といったプロレスゲームのリリースで知られるゲーム会社「ユークス」の社員さんなのです。成る程、コアなアメリカンプロレスネタも納得。

更に、ユークスは、現在のブシロード体制になる前に、新日本プロレスの親会社を務めていた会社でもあり、実は、本作はその時期にユークスのBLOGで連載をスタートした作品という出自があるのです(当時の連載タイトルは『ぶかつのじかん』)。

総合格闘技の人気に押され、苦しい時代を強いられていた頃の新日本プロレスを支え続けたユークス。数多くの人気選手を擁し、現在のプロレスブームを牽引する業界最大手の団体として新日がプロレス界に返り咲く、その礎を作ったユークス。そして、そのユークス体制のもと、誕生したプロレス漫画『ロリクラ☆ほーるど!』。

そんな時代を知っているファンにとっては、この漫画の単行本化は非常に感慨深いものがあります。可愛さとおもしろさに加えて、プロレスの歴史とファンの思い入れも詰め込まれた『ロリクラ☆ほーるど!』。沢山の方に手にとっていただきたい一冊です。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます

いま人気の動画はこちら!

     

人気記事ランキング

「Character JAPAN」Twitter


dummy 新ライター&カメラマン募集中!

<<<< 詳しくはコチラ >>>>

ソーシャルアカウント