女性なら誰で1度や2度、過去に女子グループのいざこざに悩んだり、無視したりされたりして傷ついた経験があるのではないでしょうか?

そんなことは学生時代だけで大人になったらありえないと思いきや、“ママ友”というコミュニティではそんなことが珍しくありません。グループに入れずポツンとしたり、ボスママに目をつけられたり、さらにはうまく立ち回ろうと頑張って空回りしたり……。

なぜママ友付き合いがしんどくて、うまくいかないのでしょうか?

そこで今回はそういう人がついやってしまう5つの特徴をもとに、その解決法を心理カウンセラーの石原加受子さんに伺いました。

1:気が付くとママ友の輪に入れず、いつもポツンとしてしまう

幼稚園のバスを待っている時や保護者会など、気が付くと仲の良い人ママ友同士の輪ができていることはよくあります。その輪に入りたいけど、入れない……そんな悩みを持っているママは多いのではないでしょうか?

「ポツンとしてしまうのは最初から“輪の中に入らなくてはいけない”という発想を持っているからですよ」そう語る石原さん。確かにそうですが、ポツンは誰でもイヤですよね。

「でも輪の中にいる人は、本当にあなたと気が合う人か、考えたことがありますか?

本当に仲良くなりたい人や気が合う人だったら声をかければいいけれど、そうでなければ、入らなくても別にいい。そういう気持ちを持つことが大切なのです。

それができれば焦らなくても、自然と気が合う人と仲良くなれますよ。とにかくあなたが入りたい輪の中に、仲良くしたい人がいるかどうか、まずはしっかり見極めてみてください」

なぜ輪の中に入りたいのか?それはもしかしたら、周りに「たくさんの友だちがいるように思われたい」というプライドのせいかもしれません。そんな他人の目線を気にすることに、まずは疑問を持つことは初めてみてはいかがでしょうか?

2:圧の強いボスママとのお付き合いがしんどい

仲の良いママ友グループだったはずが、いつの間にか発言力のあるママがみんなを支配してしまう。そのママに逆らったら最後。でもそんなお付き合いはしんどいですよね。

しかし石原さんは、この“しんどい”という気持ちに疑問を投げかけます。

「しんどいのはそのママに嫌われたくないとか、気に入られたいとか、そういった点ばかりに焦点が当たりすぎているからではないですか? これも先ほどと同様で、その人が本当に仲良くなりたい人や気が合う人か? という視点が抜けているのです」

確かにそれはその通りです。でも付き合いたくなくても、そのママの子ども同士は仲良しだし、何よりご近所なのでうまく付き合っていくしかない。そういう場合はどうすればいいのでしょうか?

「子ども同士が友達だからといって、ママ同士も友達にならなくてはいけないということはないんですよ。気が合わないなら、そこは割り切っていい。

ママ友付き合いの鉄則は、この人と合わないと思ったら無理に距離を縮めようとしないこと。そこを諦めて期待せずに接すれば、もっと楽に付き合えますよ。気の合わないボスママなら、心のシャッターを閉めてしまえばいいのです」

しんどいと思うのは、その人と仲良くしたいと心を預けてしまうから。つまり相手に期待しているのです。相手に期待せず、自分が負担にならない程度に心の距離を置く。そういった割り切った付き合い方でいいのです。

3:仲良くなりたいママ友がいても緊張してうまく話せず、空回りしてしまう

仲良くなりたいママと話す機会があってもうまく会話ができず、なんだか盛り上がらない。その結果空回りして、帰宅後に「もっとああすればよかった」とつねに脳内反省会……。

空回りする原因について「空気が読めない、空回りするのは、緊張しているからです」と、石原さん。

「重要なのは、まずはリラックスすること。あなたが緊張しているとそれが相手にも伝わって、盛り上がらなくなる悪循環が生まれてしまいます。会話が途切れたって、自分が思っているほど相手は気にしていませんよ。うまく話せるようになるには、まずは練習してみることが重要です」

でもこれって性格の問題も大きいのではないでしょうか?苦手な性格なのに、練習で効果がありますか?

「もちろんです。まずは自分が楽しかったことやポジティブなことを、1人でしゃべってみてください。言葉にすると自分自身に気づきもあって効果的です。

あとは実際に話しかける時に『私、話しベタなの』『変なこと言ったらごめんね』と、自ら欠点をさらけ出すのもいいと思います。

そもそもそういう弱みって、隠そうと思っても絶対相手にばれています。だからこそ最初に自分から伝えると、すごく人間関係がスムーズにいくと思いますよ」

さらに石原さんはやりがちな脳内反省会について「やっても無駄だからやめたほうがいい」とバッサリ。

「自分を肯定してくれない人には何を言っても、結果は同じですから。だったら自分の気持ちに正直に、言ったらスッキリすることを目指したほうが楽ですよ」

「ハピママ*」更新情報が受け取れます