「私の頑張りを認めてくれる男性と出会いたい!」「私の気持ちを理解して!」

誰でも抱く思いですが、この欲求を男性に求めすぎる人は、承認欲求強めと自覚した方がいいかも……。

実は、承認欲求が強い女性は、相手選びの段階から慎重にならないと、恋愛を成功させるのは難しいのです。

今回は、承認欲求の強い女性が恋愛を成功させるポイント3つをご紹介します。

承認欲求の強い女性が恋愛を成功させるポイント

デキるアピールをしない

「私はこんな人間です!」と、自らアピールしたい、承認欲求強めの女性。

「お料理できます!」「仕事もできます!」「結構いい女です!」など「私を知って!」「もっと私を理解して」「私を好きになって!」と、承認されたい思いが強く出すぎ、いつしか押し付けになってしまいます。

でも、あなたがどんな人か決めるのは、向かい合っている男性。

デキることをアピールし過ぎれば、相手には「鼻につく女性」と映り、恋愛がうまくいかなくなります。

「認めて! 認めて! 認めて!」と相手に求めすぎると、男性は疲れてしまうんです。

自分からいい女アピールをしなくても大丈夫です! 能ある鷹は爪を隠しても、周りは勝手に、デキるあなたに気づいてくれます。

認めてアピールをしなくても大丈夫だということに、まずは気付きましょう!

個性の強い男性は避ける

個性があって、カリスマ的な男性って、魅力的に見えますよね。カリスマ的存在感で周囲を引っ張り、仕事でもプライベートでも、いつでも輪の中心にいるような男性に惹かれてしまう気持ち、よくわかります。

でも、カリスマ的な個性を持つ男性は、他人を認めるよりも、まずは自分を認めてほしいタイプが多いのです。つまり、個性の強い男性と承認欲求が強い女性のカップルは、お互いの認めて欲しい思いが真正面からぶつかって、破滅の道を進むことになります。

とはいえ、個性の強い男性に惹かれるのは仕方ないこと。だって、魅力的ですから。だからこそ「どんなに魅力的でも、個性の強い人とは合わない」と自覚して、思いとどまることが重要です。つまり、“敢えて”選ばない!

ただし、自分の承認欲求を抑えるくらい“我の強すぎる男性”と出会ったら、承認欲求が薄まるケースもあり得ますが、かなり稀。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます