富士通、PC夏モデル「LIFEBOOK」「ESPRIMO」を発表、新サービス「My Cloud」を提供

2012.5.10 18:52配信
新イメージキャラクター、EXILEのAKIRAさん、HIROさん、MATSUさん

富士通は、5月9日、ノートPC「LIFEBOOK」とデスクトップPC「ESPRIMO」の夏モデルを5月17日から順次発売すると発表した。イメージキャラクターには、スマートフォン/タブレット端末「ARROWS」でイメージキャラクターを務めるダンス・ボーカルユニットのEXILEを起用する。

発表会では、大谷信雄執行役員常務が、今後のPC事業の戦略を説明した。「個人向けPCは、6年前のサーバー並みの高スペックをもっているにもかかわらず、ユーザーはポテンシャルを最大限に活用できていない」と分析。さらに、「デジタル機器が溢れ、個人がもつデータ量は増加しているが、それぞれの機器にデータが散在しており、管理できなくなっている」とした。

これらの現状を踏まえたうえで、「『安心安全に利用できるサービス』『コンピューティング性能を生かすハードウエア』『簡単ですぐ使えるソフトウエア』の三つで構成する新コンセプト『My Cloud』を提供していく」とした。

「My Cloud」は、家のなかに散在するデータをPCで統合・管理する「My Cloud-P」と、PCに保存したデータをウェブ上で活用するサービス「My Cloud-S」で構成する。

例えば、デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真や動画を「My Cloud-P」を使ってPCに取り込み、データを保存・整理する。PCに取り込んだデータは「My Cloud-S」を利用してクラウド上のデータストレージにアップロードし、別のユーザーとデータを共有できる。なお、「My Cloud-S」は10月の開始予定で、料金体系は未定。

発表会後半には、新イメージキャラクターのEXILEのメンバー、AKIRAさん、HIROさん、MATSUさんが登場。ウルトラブック「LIFEBOOK UHシリーズ」を見たAKIRAさんは、「デザインがかっこいい。特に薄さがいい。僕はせっかちな性格なので、起動が速いのはとてもうれしい」とコメントした。

さらに、開発段階から“メイド・イン・ジャパン”にこだわっていることを聞いたHIROさんは「ぼくらはエンタテインメントを通じて日本の力を見せていければと思っている。富士通さんの(日本製にこだわる)思いに共感した」と話した。

→同時に発表したウルトラブック「LIFEBOOK UH」の詳細はこちら

いま人気の動画

     

人気記事ランキング