東京・丸の内「鳥歐(とりおう)」にて、希少でジューシーな黒岩土鶏と濃厚なまことの卵を使用した「特上黒岩土鶏親子重セット(1,800円・税別)」が新登場しています。

同店では、野山の放し飼いで育った希少な黒岩土鶏を使用した焼き鳥、狩猟者から直送された新鮮なジビエ、自社インポートによるこだわりの高品質ワインを、東京駅舎を見渡せる店内にて楽しむことができます。

今回新登場の「特上黒岩土鶏親子重セット」は、食感の違う黒岩土鶏のもも肉と胸肉の2部位を、タレと塩で味付けて炭火焼きに。

ご飯と具材の間には、黒岩土鶏の旨味がつまった出汁でつくったそぼろを組み合わせた一品です。

千葉県の養鶏農家が育てたまことの卵は、味わい深くコクがあり、出汁との相性も抜群。

さらにもちっとした食感と品の良い甘みが特徴の、岩手県紫波郡・無農薬ひとめぼれとの三位一体を叶えた絶品親子重が完成。

セットには鳥歐名物の極濃厚鶏白湯スープを添えて提供されます。

※黒岩土鶏について

宮崎県の尾鈴山中で黒岩さんが育てる黒岩土鶏を「地鶏」ではなく「土鶏(つちどり)」とする理由は、土には天然の抗生物質が含まれているため、鶏が体調が悪いと自ら土をついばんで自分の体調を整える習性があることから。

餌は抗生物質など化学合成物質を入れず、独自に配合。飼育期間は地鶏の規格が80日以上であるのに対し、120日以上の時間をかけて丁寧に育て上げています。そのため、しっかりとした肉質で旨味やコクが強いのが特徴で、都内の高級フレンチ等で使用されています。

所在地 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル 5F
TEL 03-6269-9435

「うまい肉」更新情報が受け取れます