【刀剣】聖地「岐阜県関市」の日本刀づくりは鍛錬の世界!職人技をじっくり見てきた

2016.10.19 16:30

ひょんなことから刀剣業界に飛び込み、刀屋で働きつつ若い人たちに刀剣の魅力を普及していこうと活動している、私「刀屋娘」。岐阜県関市の刃物まつりに惹かれて出向いたので、その魅力を写真満載でレポートしたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まいど! 刀剣は好きですか?

「馴染みがないなぁ」と思われるそんなアナタに、刀剣がどれだけ魂を込めて作られるのかご覧いただきたい!!

説明させていただくわたしはひょんなことから刀剣業界に飛び込み(参照記事:【刀剣女子】あれ? この気持ち…恋?「刀屋娘」が語り尽くした日本刀の奥深い魅力)刀屋で働きつつ若い人たちに刀剣を普及していきたい、うっかり刀剣に惚れて火傷中の刀屋娘です。

今回足を運んだのは!岐阜県関市の刃物まつり!!

関(美濃)といえばみんなの憧れ(?)五箇伝と呼ばれる刀の名産地のうちのひとつ(ちなみに他は京都〈山城〉、奈良〈大和〉、岡山〈備前〉、神奈川〈相州〉)。

それは現代でも途絶えず続いていて、大阪の堺市などと並んで刃物の町として名を馳せている。

その刃物っぷりと言ったら

関鍛冶伝承館関鍛冶伝承館

関鍛冶伝承館

カミソリ文化伝承館(フェザーミュージアム) カミソリ文化伝承館(フェザーミュージアム)

カミソリ文化伝承館(フェザーミュージアム)

ナイフ博物館ナイフ博物館

ナイフ博物館

取り揃えすぎやろ!!刃物にどんだけバリエーション持たすねん!!

そんな聖地・関で行われる刃物まつり…。

わたしはてっきりいかにも刀マニアです!という年配の方が集まるイベントを想像したのだが

ちゃうかった!!この賑わい!!!!

町中がフェスティバル。関市が一丸となった大イベントに老若男女問わず人・人・人。

6

刃物の廉売市にて特別価格の「はさみ」や「爪切り」を購入出来たり、パフォーマンスが行われていたり、町中のあらゆる場所でイベントが多発。

しかし目玉はなんといっても関鍛治伝承館で行われる「古式日本刀鍛錬実演」

2016年10月現在、関市には13名の刀匠がいる。つまり、まだまだ刀は生産され続けているのである…!

戦わなくなった今でさえ。もちろんそれは、買う人がいるからできること。

鑑賞用の美術刀剣として、実用のため居合刀として、布教用の海外へお土産として…。

1人の刀匠につき年間24本という規制はあるものの、日々新しい刀が生まれ続けている。

そしてその中でも「古式日本刀鍛錬」は、平安後期から確立した日本刀の由緒正しい作り方を実践するもの。

長い時代歴史を有してきた刀を販売する「刀剣商」で働くわたしにとっても「刀の誕生シーン」を見るのははじめてだった。

決して簡単なものではない誕生…。

砂鉄を木炭で焚き続け、出来上がった玉鋼を火で約1300度に熱しながら叩いて叩いて叩いて、不純物を飛ばし、鉄の層を作っていく。これが〈鍛錬〉。

その後、刀の形へと成形していく。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント