NEC、薄さ・軽さを追求したAndroid 4.0搭載タブレット端末「LifeTouch L」

2012.6.18 19:47配信
LifeTouch L(左から、個人向けモデル、ビジネス向けモデル)

NECは、個人・ビジネス向けに薄さ・軽さを追求したAndroid 4.0搭載タブレット端末「LifeTouch L」を発売する。家電量販店や直販サイト「NEC Direct」で販売する個人向けモデルは、7月5日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は、内蔵メモリ32GBの上位モデル「TLX5W/1A」が5万円前後、16GBの下位モデル「TLX0W/1A」が4万円台後半の見込み。

斜めから見ても鮮やかな高輝度・広視野角のIPS液晶を採用した解像度1280×800の10.1型ワイド液晶、1.5GHzの高性能デュアルコアCPUを搭載しながら、厚さ約7.99mm、重さ約540g(本体)という薄さ・軽さを実現し、快適な操作性と携帯性を両立した。

個人向けモデルは、「家庭で誰もが安心・簡単に使えるタブレット」を目指し、購入してすぐに使えるよう、ゲーム、趣味・実用、動画配信など、上位モデルは約50種類、下位モデルは約25種類のアプリを搭載。これらアプリを目的や利用シーンから探すナビゲーションアプリ「アプリ&サポートナビ」(TLX5W/1Aに搭載)や、子ども向けセキュリティアプリ「こどもーど」などの独自アプリも搭載する。

「こどもーど」は、トレンドマイクロと共同で開発したもので、子ども向けのモードに切り換えることで、利用できるアプリ・利用時間帯、利用時間を制限でき、「ウイルスバスター モバイル for Android(NEC版)」と連携し、ペアレンタルコントロールによる有害サイトへのアクセスブロックに対応する。

また、タブレット向けアプリ紹介サイト「タブレットアプリファン」や、標準搭載するスケジュールアプリ「myArrange Schedule」専用のサービスサイト「Refills Town」を用意した。なお、「myArrange Schedule」は、動作環境を満たした他のAndroid搭載タブレット・スマートフォンでも無料で利用できる。

さらに、タブレットから直接印刷するためのプリンタ簡単接続機能や、DLNAやDTCP-IPに対応した家庭内のレコーダー/PCで録画したテレビ番組の再生などの連携機能を備える。

通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth Ver.2.1+EDRに対応。このほか、有効約500万画素のアウトカメラ、有効約120万画素のインカメラ、ステレオスピーカー、microSD/microSDHC対応メモリカードスロットなどを搭載する。バッテリ駆動時間は、ウェブ閲覧時で約13時間、動画視聴時で約10時間。サイズは幅257×奥行き181×高さ7.99mm。

ビジネス向けモデルは、LifeTouchシリーズとして初めて10型クラスの液晶ディスプレイを搭載。NECの各種ソリューションと組み合わせ、営業・店舗接客業務、デジタルサイネージなど、さまざまな用途に利用できる。6月18日から販売し、7月下旬に出荷を開始する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング