hh1ezszvri8ztse1482887975

「気付けば“アラフォー独女”の私。婚活なんて他人事だと思ってた……」。

「いつか結婚できるよね」と何の対策もせずにダラダラ過ごしていると、出会いもないまま結婚のチャンスを逃してしまうかもしれません。

また、せっかく結婚のチャンスが目の前にあっても、そのチャンスに気付けなければ意味がない!

今回は、結婚のチャンスを逃してしまう女性のタイプをご紹介します。

アラサーモテ期の到来

20代の頃はそうでもなかったのに、アラサーになると突然、男性からモテはじめる女性がいます。

30代で仕事がノッている女性は輝きを増して美しい。

20代のような、パンパン、ぷりぷりに張ったお肌ではなく、しっとり落ち着いたアラサーのお肌は艶っぽい。

男性にとって30代女性は魅力的なんです。

でも、アラサーになって初めてモテ期到来という女性は要注意!

モテて、ちやほやされている時期に何も考えず、楽しむだけ楽しんで過ごしちやほや期が去っていくと、結婚できずにアラフォーに突入してしまう危険があるからです。

今、男性からモテて大切にされているからと、冷静にモテている理由を分析もせず調子に乗ってしまい「まだまだ」「次はもっとレベルの高い男を」なんて思っていたら結婚できなくなってしまいます。

アラサーモテ期が到来したら、周囲にいる”いい感じ”の男性のうち「結婚するならどの人だろう?」と、常に判断する冷静さは保っておきたいもの。

好き嫌い言いすぎ

「面食いなんです私。好みは、小池徹平くんみたいな男性」と言う、婚活中のアラフォー女性。

顔の好みは絶対に譲れないという気持もわからないでもないのですが、結婚すれば毎日見るわけですから、そうより好みしてもいられないのです。

冷静に考えてみれば、婚活市場に小池徹平似の独身男性がどのくらい残っているか想像もつくでしょう。

たとえ居たとして、小池徹平似の男性の本命になるための、”女の闘い”を勝ち抜くのは大変なこと。

上記のアラフォー女性は、婚活パーティーに参加するといつも決まって人気度の高いイケメンに狙いを定めるのですが、最終的に狙いを定めたイケメンは他の女性に持って行かれています。

このように、顔の好き嫌いを言い過ぎて、何年も婚活を繰り返しているのです。

対して、筆者のアラサーの友人は「結婚相手の見た目なんて重要じゃないわよ。一緒に居られる相手かどうかよ」と言い、「彼の顔に、目と鼻と口がある。それだけでいいじゃない!」と言い、あっという間に結婚しました。

どうしても譲れないものは誰にでもあるものですが、その譲れない範囲を少し変えてみると、結婚が近づくかもしれません。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます