u0106-i

新年を迎えるにあたり、目標や抱負を立てた方は多いのではないでしょうか。

ですが、その目標、年間を通して常に意識したり、または実行できていましたか?

実は目標を立てながら「今年こそは!」と思いつつ、どこかで「また去年と同じ感じになるかも」と思っている人は少数ではないはずです。

もしかしたら、そもそも目標の立て方が間違っているのかもしれません。

そこで、この三連休に立てた目標を“達成できる目標”へとアップグレードしませんか?

今回は、気づけば1年が過ぎ去ってしまったなんてことを防ぐ“新年の目標の立て方”をご紹介します。

STEP1:過去に目標を達成できなかった自分は、全部忘れるところから始めよう

自分の過去にとらわれる必要は全くありません。

どんなに努力をしても、過去を変えることはできませんが、未来は変えることができます。

「目標を立てたけど、達成できなかった」のは、過去のこと。

はい、この機会に全部忘れてしまいましょう。

その不安にとらわれている限り、今年も達成できません。

なぜなら、心のどこかで「どうせ今年も……」と思いながら立てているため、達成できない目標になってしまっている可能性が高いから。

まずは「これまで達成できなかったのは、過去のこと。はいはい、今年からは違いまーす」と、自分に言い聞かせてくださいね。

STEP2:なんのために目標を立てるのか、明確に。

過去を流したら、次は目標を立てる理由を明確にしましょう。

周りが考えているから? 新年だから? なんだかそういうものだから? キリがいいから?

それって、現状や置かれている状況に振り回されていませんか?

自分の中で「なんで目標を立てる必要があるのか?」を明確にして落とし込まないと、達成するのは不可能に近いです。

一旦、現実的なことからは離れて、スマートフォンの電源を切って、1人でカフェなどの落ち着ける場所に行きましょう。

自宅なら、とことん部屋の雰囲気を自分の好きな感じに落ち着けてください。

それから、これから本当にやりたいことや理想を、とことん考えてみましょう。

目標は、それらを達成するために立てるものです。

あなたの中にある理想やWANTが明確にならないと、いつまで経っても達成できる目標を立てることはできません。

この作業に一番時間をかけるのがオススメです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます