yuka0i9a1561_8_tp_v

仕事で知り合う相手は既婚者やパートナーのいる人ばかり。気軽に遊べるフリーの相手がほしいなぁ……そんな思いで筆者(30代前半/女性)が数年ぶりに使い始めたのが、ホットな出会いをマッチングするアプリとして人気の「Tinder」です。

Tinderの使い方は簡単。Facebookと連携しているため、アカウントを持っている人なら誰でもすぐに使い始められます。

1枚目のプロフィール写真は最高にいいものを!

マッチング率を上げて、できるだけいい相手と出会うために、まずはプロフィール写真を戦略的に選びます。とくに大事なのは1枚目の写真です。

Tinderでは次々と異性の写真が表示され、「この人いいな」と思ったら右スワイプで「いいね!」、逆に「この人なし」と思ったら左スワイプで「スキップ」をします。

16106971_1566038970080620_2085091715_o

「いいね!」も「スキップ」も、した途端に相手へ通知がいくわけではなく、自分が「いいね!」した相手が自分にも「いいね!」したタイミングで、双方へマッチングした旨の通知が届く仕組みになっています。

だからこそ、最初にドーンと表示される写真が、勝敗を分かつと言っても過言ではありません。

くれぐれも適当なものを選ばず、ベストショットを用いることです。

筆者も手持ちの中で、友人知人から「これはアカン(詐欺だ、盛り写真だと批判する意)」と言われるものをチョイス。

ただし、中には写真だけではなく、プロフィール文を読んで、「いいね!」するか否かを決める慎重派な男性もいるでしょう。

そのために、100〜200文字程度で、自分の職業や趣味、どんな相手を求めているかなど、サラッと書いておきます。

2週間で200人を超える男性とマッチング

ここまで準備ができたら、いざ、狩猟の場へ! 気づいたのは数年前にTinderを使っていたときよりも、マッチング率が上がり、かつ「いい男風」の男性が増えている、ということ。

海外発のアプリということもあり、以前は外国人男性の割合が高かったのですが、現在は日本人男性も増えています。

また、筆者自身が「いいね!」する相手も格段に増え(以前は10人中2〜3人だったのが、現在は10人中6〜7人は「いいね!」している気がします。年をとって”範囲”が広がったのかもしれませんが)、かつ、相手も筆者に「いいね!」をしてくれているらしく、犬も歩けば棒に当たる状態で、たくさんマッチングするのです。

5人に「いいね!」をすれば3人とマッチングするレベル。それくらい、Tinderには男性ユーザーが集まっている、ということなのかもしれません。

16121606_1566039193413931_520185217_o

はたしてこの数字が多いのか少ないのかわかりませんが、Tinderを再開してから1日10分ほどさわっていると、2週間で約230人とマッチングしました。

でも、全員とやりとりするわけではなく、相手からメッセージが届き、かつ数回やりとりして「ウマが合いそう」であれば、メッセージを続けるというスタンスにしています。

でないと、はっきり言ってキリがないですし、文章でおおよその人柄や自分と合う人間かどうかが判断できるからです。

筆者の場合、「はろー はろー」などと微妙なメッセージを送ってくる相手、句読点を使わない相手は合いません(実際にいました)。

また、会話が噛み合わない相手も、「会って話せばよくない?」と思えるメッセージが多すぎる相手もアウト。メル友がほしいんじゃないわい! と内心で叫んでいました。

その手の相手とは、リアルで会って会話が続くはずがありませんし、ネット弁慶な可能性も……。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます