肌を柔らかくし、潤いを高める美容オイル、人気ですよね。

数滴でツヤが出て、朝晩の手入れが楽。化粧水に混ぜたり、ブースターとして使うこともでき、顔だけではなく体や髪など全身に使えて、使い方や使い道が柔軟なのも人気の秘密です。

昔からある美容オイルですが、最近登場しているアイテムはどれも美容液のようにさらっとしてベトつかないのが特徴です。

さらに通販系などで多い厳選素材なのにお手頃価格、というアイテムも増えてきました。

今回はプチプラで高品質の美容オイルに注目してきたいと思います。

肌を柔らかく整え、肌力をアップ

植物性のオイルには、肌を柔らかくしたり、肌のバリア機能を高めたりする効果があります。

天然100%のオイルに含まれる豊富な栄養分が肌をイキイキとさせ、乾燥によるエイジング肌をしっとりと潤してくれます。

年齢とともに減っていく、肌を守る皮脂を補うイメージです。

数年前から美肌に良いと人気のアルガンオイルは、モロッコの乾燥の激しい地域で採られるオイルですが、肌に良いオレイン酸と天然ビタミンEを豊富に含み、角質層に浸透して肌を滑らかに整えてくれるという貴重なもの。

ピュアな天然オイル100%のものやオリーブオイル、ホホバオイルなど様々なオイルをブレンドし、さらに植物エキスや精油を加え、美容液のように美肌効果を高めたオイルなどがあります。

水分を含まないので、保存料や乳化剤など添加物を含まない点も特長です。

様々に使える美容オイル

美容オイルは成分にもよりますが、美容液とクリームの中間くらいの保湿度となります。美容オイルの保湿力は高いですが、過信は禁物。

秋冬の間や極度の乾燥肌の人はオイルだけでは不十分の場合もあります。その場合はオイルの上に部分的に乳液やクリームを重ねても良いでしょう。

一般的には、化粧水をつけた後に美容液のように美容オイルを数滴、手に取り肌になじませます。

オイルをつけすぎると化粧崩れのもとになりますので、朝のケアでは特につけすぎに注意しましょう。

オーガニック系に多い美容オイルはアロマオイルが含まれ、香にもリラックス効果を感じられるものもあるので、スキンケアの際に呼吸をしながらアロマテラピーも楽しむことができます。

また美容オイルは、フェイスケアだけでなくボディケアやヘアケアに用いることができ、トータルで使うことができればさらに経済的ですね。

そしておすすめは頭皮のマッサージに使うこと。お風呂に入ったときに数的を手の指にとり頭皮のツボを押しましょう。

頭皮に栄養がいきわたり根本的なヘアケアになります。この後のシャンプーではオイルを使っているのでトリートメントはいりません。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます