趣味で「お見合いオバサン」活動をしています。パートナーを探している友人や知人が、いい相手を見つけて幸せになればいい――単なるお節介かもしれませんが、そんな思いもあって、男女問わずいろいろな人を、人力でマッチングさせています。

結果、中にはピンポイントで紹介した相手とすんなり距離を縮めたり、付き合い始めたりする人もいます。彼らを見ていると、出会いをモノにする人には共通の特徴があるなぁ、と感じるように。

今回は出会いをモノにする「女性」に焦点を当て、彼女たちの特徴を実例を元にまとめます。

1.「条件」にうるさくない

A子(31歳)は3年ほど恋人がいない暮らしをしていて、「そろそろ恋人ができたらいいな」と話していました。そんなA子に紹介したのは、2歳年下のスタートアップ経営者。

カッコいい響きですが、実際は会社を立ち上げたばかりで資金繰りに苦戦している相手です。経営者といってもお金持ちでもなんでもありません。

でも「事業を成功させたい」という野心にあふれているところは魅力。それでも、A子が恋人や結婚相手に求める条件が厳しければ、私が彼を紹介しようとしても「うーん、興味ない」の一言で終了となり、ご縁に結びつかなかったはず。

実際、A子は今も彼と2週間に1度のペースで食事に行き、友達関係から一歩ステップアップしそうな印象です。

2.「結婚」に縛られない

Y美(30歳)に紹介したのは7歳(!)年下の、社会人1年目の若い男の子。あえて”男性”という表現を使う気にならないほど、フレッシュな初々しい印象の男の子です。

以前「結婚したい気持ちはある」と話していたY美に、結婚のけの字もイメージしていないような、ずいぶん年齢差のある男の子を紹介するのも正直どうだろうか、と最初は思いました。が、彼と話していると、Y美と波長が合うのではないかと感じたのです。

そこでY美に「だいぶ年下の子なんだけど……」と断った上で話すと、Y美は彼に興味を持ちました。Y美と彼は出会って1週間、2回デートをした後で現在交際中です!

たとえ結婚願望はあっても、そこだけに縛られるのではなく、「まずは会ってみないとわからない」「付き合ってみないとなんともいえない」くらいの柔軟な考え方でいるのも、大事なことかもしれません。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます