レノボ、一体型PC「IdeaCentre B540p」にNECのテレビソフト「SmartVision Light」搭載モデルを追加

2012.7.4 18:34配信
IdeaCentre B540p

レノボ・ジャパンは、ディスプレイ一体型のデスクトップPC「IdeaCentre B540p」にNECのPC「VALUESTAR W」などが搭載するテレビソフト「SmartVision Light」を搭載したモデルを、8月下旬に発売する。価格はオープン。

「SmartVision Light」は、PC本体の内蔵HDDだけでなく、USB接続の外付けHDDへの録画に対応し、HDDの容量を気にせずに長時間録画ができる。また、あらかじめ登録したキーワードや、興味のある人物や地名などのキーワードを登録することで、キーワードを含む番組を自動的に検出して録画予約する。連続ドラマなど、シリーズ番組も1回の設定で予約録画ができる。予約録画は、PCの電源がオフの状態でも可能。

このほか、視聴スタイルに合わせてマウスなどを使った操作ができる「ノーマルモード」「スリムモード」や、より細かく設定できる「アドバンストモード」、リモコンを使ってテレビのように操作する「フルスクリーン」の四つの表示モードを選択できる。

「IdeaCentre B540p」は、CPUに第3世代インテルCore i7-3770を採用し、マルチタッチ対応23型ワイド液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)、8GBのメモリ、1TBのHDD、書込み対応ブルーレイディスク(BD)ドライブ、テレビチューナーを搭載する。OSは、Windows 7 Home Premium SP1 64ビット版。

マルチタッチ対応の液晶ディスプレイは10本の指を認識し、対応するゲームや映像・音楽用アプリケーションがキーボードを使わずに楽しめる。マルチタッチ使用時は、バーチャルキーボードを表示して、スクリーン上で文字を入力できる。

インターフェースは、USB3.0ポート×2基、USB2.0ポート×4基、HDMI出力×1基、SDXC/SDHC/SDカードやメモリースティックなどに対応する6-in-1メモリカードリーダーなど。ワイヤレスキーボードとワイヤレス光学ホイールマウスが付属する。サイズは幅576×高さ408×奥行き110mmで、重さは約9.8kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング