目元がビシっときまるアイライナー。上手くひけると、見た目はもちろん気分まで全然違うものですよね。

しかしながら不器用な女性にとって、アイライナーが上手にひけないことは、切実な悩みだったりもします。

そこで今回はヘアメイクアーティストchihoさんに、どんなに不器用でも簡単綺麗にラインがひけるアイライナーを教えていただきました。

プロが選ぶ超優秀アイライナーベスト3

スウィートサロン リキッド&パウダーアイライナー

「‟スウィートサロン リキッド&パウダーアイライナー”は、パウダーとリキッドライナーが一緒になっている便利なセット。筆タイプのアイライナーが苦手な女性は、ぜひこちらを試してみてください。

ライナーの先がフェルトタイプで固めなので、筆の様に毛先がクネクネ曲がらずまっすぐ描きやすいところがポイント。

目尻の跳ね上げラインは、筆よりフェルトの方が安定して描きやすいので、筆タイプのアイライナーが苦手な女性には特におすすめなんです。

リキッドライナーの後に、上から使いやすいチップタイプのパウダーを重ねてぼかすため、まっすぐ引けていなくてもごまかせるのですよ。

チップパウダーとライナーコンビは、アイライナー初心者やメイクが苦手な女性には強い味方。失敗していてもこれを使えばばれないですよ。

メイク直し用のアイライナーとしてもおすすめです」(chihoさん)

ラブスイッチ ピンクブラウン アイライナージェルペンシル

「柔らかくて書きやすいのは、‟ラブスイッチ ピンクブラウン アイライナージェルペンシル”。

スルスルっとラインが描けて、色も可愛いピンクブラウン。にじまず、落ちにくく、ふんわり優しく見えるのにしっかり描けてぼやけません。なんとも絶妙な色具合が特徴です。

柔らかいのでぼかしたり修正が自由自在。まっすぐ引けなくても綿棒で調整が可能。

黒だと失敗が目立ちやすいため、派手すぎないブラウンはアイライン苦手克服に最適です」(chihoさん)

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます