なにかと新しいことが始まったり、変化があったりする季節がやってきましたね。「春は出会いの季節」なんて言われていますが、実は別れを決意している人も……。

ただもっと暖かくなってくると、別れという決断を後悔する確率が高いことも分かっています。今回は、別れを決断したあとに、再度チェックしてほしいポイントとともにご紹介していきましょう。

 

3月、4月に別れを決意する人は、40%以上!

エヌ・ティ・ティ・ソルマーレが提供する『コミックシーモア』が、10代以上の会員男女4124名を対象に「今まで3月など"春"に別れを経験したことはありますか?」と質問したところ、「はい」が44.1%を超える結果に!

続いて、「(春に)パートナーと別れた後、後悔したことはありますか?」と聞いたところ、全体の26.8%が「はい」と回答し、別れなければよかった……と後悔してしまっている人は意外と多いよう。

後悔している理由としては、「寂しくなった」(男女ともに60%超え)、「別れた相手以上の人が現れなかった」(男女ともに35%超え)が目立ちました。

季節柄や雰囲気に押されて、勢いだったり、「なにかを変えたい」というモヤモヤした気持ちを解消するためだったりで、別れを決断してしまった人が多いのかもしれません。

別れの原因は、春だからかも!?

実は、”春”という季節も別れの大きな要因にもなっています。

健康&生活リズムカウンセラーである筆者が解説しますと、春は日照時間が長くなり、体内時計が乱れやすいです。そのため、脳や体が時差ボケを起こしやすく、自律神経のバランスが乱れやすくなっています。

それだけでなく、進学や昇進、引っ越しなど”嬉しい変化"も、体や心にとってはストレスとなり、気づかないうちに精神的な負担となってしまうのです。

この2つから、春は気持ちが後ろ向きに傾いてしまったり、面倒くさいことから離れたがったりしてしまい、別れを決断してしまう人が多いと言えるでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます