アフターファイブも楽しむはずが…ドロドロメイクにビックリ!

大変な仕事が終わったら、楽しみなアフターファイブ。でも、鏡を見てドキッとしたことはありませんか?

朝丁寧にメイクをしたはずなのに、夕方になるとドロドロに崩れてる…。こんなんじゃ、せっかくのアフターファイブも台無しですよね。

そこで、まるでメイクしたてかのようなフレッシュさを取り戻せるメイク直しの方法をご紹介します。

キレイなメイクで、思いっきりアフターファイブを楽しみましょう。

崩れてしまったベースメイクをキレイに直すには?

ベースメイクは、肌のアラなどをカバーするもの。しかし、メイク崩れしていると、なんだかお疲れ顔に見えてしまいます。

そこで、まずはベースメイクをきちんと直していきましょう。

余分な皮脂が浮いてしまって、顔がテカっているとき。脂取り紙を使いがちですが、おすすめなのはティッシュペーパーです。脂取り紙だと、必要な潤いまで奪ってしまう可能性があるからです。

ティッシュペーパーを顔全体に当て、優しく押し当ててください。こうするだけで、余分な皮脂をオフできるのです。

ファンデーションがヨレたり浮いたりしてしまっているとき、さらにファンデーションを重ねていませんか?そうすると、余計にメイク崩れが目立ってしまうのです。こんなときは、指の腹を使って優しく馴染ませてあげると良いでしょう。擦るとヨレが目立ったり肌への負担になってしまったりするので避けましょう。

そして、保湿成分が入った化粧水ミストをシュッと顔に吹きかけて。優しく手のひらで顔全体を押さえ、馴染ませましょう。保湿してあげるとメイクのノリが格段に良くなりますよ。

ファンデーションは顔全体に塗るのではなく、落ちたところだけに塗りましょう。全体に塗ると厚塗り感が出てしまいがちだからです。テカりが目立つところにもオン。ファンデーションのタイプは、パウダリータイプがおすすめです。クマやニキビ跡などはコンシーラーでカバーしましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます