アイアンマンのスーツ

マーベル史上最大規模となる大型総合展『マーベル展 時代が創造したヒーローの世界』が、2017年4月7日(金)より六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにて開催中です。

日本初公開となる貴重な資料、衣裳や小道具など約200点の展示など、過去から現在に至るまでのマーベルとその世界観が余すところなく紹介され、連日多くのファンで賑わっています。

マーベル映画は観たことがあるし、ちょっと興味があるけれど、私みたいな初心者が行っても楽しめるかな……? と、躊躇しているアナタに。

この記事では、マーベル初心者でも『マーベル展』をゼッタイに楽しめる5つのポイントをご紹介します。

Instagramにピッタリ!迫力のアイアンマン

『マーベル展』に展示されているものは、どれも資料的価値の高いものばかりのため、実は全てが写真撮影NG。

でも、二箇所だけ誰でも撮影オッケー、むしろいっぱい撮ってね!という場所があるんです。

全長5メートル!巨大アイアンマン

ひとつは、エントランス来場者を迎えてくれている、全長なんと5メートルの巨大アイアンマン。

こちら、日本では初公開となるレアな一体なんです。

大迫力の巨大アイアンマン

とにかく見上げるばかりの巨大なボディ、細かい所まで作り込みもバッチリです。

実はこの巨大アイアンマン、日没後に15分に一度ライトアップショーを行っているんです。

大迫力の音楽・SEと共に色鮮やかに光り輝く巨大アイアンマンは、背景いっぱいに広がる東京の夜景と相まってすごくキレイ。

ライトアップの様子をムービーで撮るもヨシ、一緒に写真を撮るもヨシ。

思わずInstagramに投稿したくなるフォトジェニックな景色を楽しんで。

ちなみに、巨大アイアンマン向かって右手から始まる『マーベル展』ですが、その入口壁面にはスパイダーマンの姿も。

テーマパークでもすっかりお馴染みのスパイダーマンと一緒に記念撮影するのもオススメ。

アイアンマン軍団

もう一箇所の撮影スポットは、『GLOBAL』エリアのアイアンマン実物大スタチュー。

こちらは、これまでの映画に登場した歴代アイアンマンのスーツがズラリと並んでいて、迫力満点。

トニー・スタークのラボに来たつもりで、一緒に写真を撮っちゃおう。

全部ホンモノ!映画に登場した衣裳やアイテムがズラリ

『マーベル展』では、これまでのマーベル・シネマティック・ユニバース作品に登場したキャラクターたちの衣裳や小道具がこれでもかと展示されています。

しかも驚くべきことに、それらは全てレプリカではなく本物!(後に登場するスパイダーマンのコスチュームのみ不明)

マーベル・シネマティック・ユニバースといえば、ロバート・ダウニー・Jr.やクリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン、マーク・ラファロ、ジェレミー・レナー、クリス・ヘムズワースにトム・ヒドルストン、クリス・プラットにベネディクト・カンバーバッチなどなど、現在のハリウッドを代表するスーパースターたちが登場しますが、彼らが撮影で実際に袖を通した衣裳が間近で見られるということなのです。

つまり、マーベル・ファンならずとも、映画ファン、ハリウッド・スターのファンとしてもたっぷり楽しむことが出来ます。

展示中の『ロキ』実物衣裳

アイアンマンやキャプテン・アメリカといったヒーローのスーツはもちろん、彼らが劇中で着用している普段着もセットで展示されているのが特徴。

これは、マーベルのキャラクターは、ヒーローとしてだけでなく1人の人間としての個性も持っている、というポリシーを表現しているのだそうです。

どれもデザイン性が高いものばかりで、特にスカーレット・ヨハンソン演じるナターシャ・ロマノフのパーティードレスや、トム・ヒドルストン演じるロキのスーツなどは見惚れてしまう美しさです。

ナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)のドレス

ファッションの面からもマーベルを楽しむことができる『マーベル展』。

素敵な衣裳を見つけたら、その作品を是非チェックしてみてね。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます