ついこの間までお気に入りだったあの服、この服。

それが突然「似合わない!」と感じてしまう、そんな危機に陥るのは、30代半ばに差し掛かってくると誰にでも起こること。

でも、いざそうなってしまうと、自分に自信がなくなってしまうものですよね。あらかじめ“いつ”とは決まっていないこの『オシャレのXデー』がいざ自分に訪れたときに、ショックを最低限に留め、“キレイ”をまた積み重ねるために、何をするべきか、何をするべきではないのか。

今回は、その対策法をご紹介します。

オシャレのXデーが来た時、やってはいけないこと

手持ちの服をすぐ捨てない

「この服似合わない!」と感じてしまうと、すぐさま手持ちの服を全部捨ててしまいたい、どれもこれも視界から消してしまいたい、そんな気持ちになることでしょう。

しかし手持ちの服に見切りをつけるのは、まだこの段階では止めておきましょう。

すぐ新しい服を買いに行かない

「どれも着たくないから」と、お気に入りの服が急に嫌になればなるほど、咄嗟に新しい服を買いたくなる気持ちになりがち。

しかし、この段階で新しい服を買いに行っても、家に帰ってその新しい服を着てみても「やっぱりこれも似合わない」そんな状態に陥るのが常。

焦ってすぐに新しい服を買いに行くのは止めておきましょう。

黒い服をチョイスする

普段黒を好む人も、好まない人も、無難と思ってとりあえず黒を着てしまいがちです。

でもこのような気持ちになったときに黒を着てしまうと、余計に“似合わないループ”にハマってしまうことになります。

特に黒を着ている時にこそ「似合わない」と、落胆してしまうことはよくあること。

このような時にこそ、黒に逃げるのは危険です。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます