電車移動が多いママにとって、緊張の瞬間でもあるのが「赤ちゃんとの電車移動」ではないでしょうか?

いつ泣かれてしまうか、ぐずったらどうしよう、など赤ちゃんとの乗車のたびに不安を感じているママも多いのですよね。

そこで、今回はベビーカーに装着できるおもちゃを紹介。電車移動中のぐずり対策として、ぜひ用意しておきましょう!

1.アンパンマン おでかけメロディハンドル

赤ちゃんの味方といえばやっぱりアンパンマンではないでしょうか?赤ちゃんのみならず幼児や年長さんにもアンパンマン好きは多いもの。そんなアンパンマンがベビーカーに装着できるおもちゃとして販売されているのです。

アンパンマンおでかけメロディハンドルの魅力は、何といっても遊びの豊富さです。

ボタンを押す、ローラーを回す、ハンドルを回す、音楽を鳴らす、レバーを引く、などさまざまな動作ができるため、飽きずに長時間夢中で遊んでくれること間違いなし!

長時間の電車移動の際には、ぜひアンパンマンおでかけメロディハンドルをベビーカーに装着していきましょう。

2.TINY LOVE サニー・ストロール 

にっこりとしたお日様、緑色のお花、かわいいちょうちょが特徴のおもちゃ「TINY LOVE サニー・ストロール 」。ベビーカーに装着すると、弧を描くようにして赤ちゃんの頭上でおもちゃが揺れます。

ゆらゆらと垂れ下がったおもちゃを手でつかんだり、引っ張ったり。ブラブラ揺らして遊んだりなどができるので、ベビーカーに乗ったまま、まるでお家のメリーのように扱うことが出来るのです。

また、まだ手先が器用でない赤ちゃんも「揺れているのを見る」という行為で十分気分転換になり、好奇心をくすぐります。

「まだ手先で扱うおもちゃでは遊ばない」という赤ちゃんも楽しめるおもちゃなのでぜひチェックしておきましょう。

3.センサリー・プラッシュ・パルズ(しまうま) 

キュートなしまうまが特徴の「センサリー・プラッシュ・パルズ(しまうま)」。しまうまの足には様々なおもちゃがついていて、赤ちゃんを飽きさせることなく興味を引き続けます。

ぎゅーっと抱きしめられるしまうまのぬいぐるみ、シャカシャカと音が鳴るおもちゃ、握ったりなめたりできるプラスチックの輪っかおもちゃなど、赤ちゃんが大好きな感触を思う存分堪能できるおもちゃです。

色鮮やかな見た目も特徴で、触れなくても見ているだけで楽しいと感じる赤ちゃんも多いでしょう。月齢に関係なくぐずり対策として効果的なおもちゃですよ!

「ハピママ*」更新情報が受け取れます