薄着になると、いやでも体型や体格が目立ちます。

苦しいダイエットをして、ちょっとでも痩せ見えや小顔見えを狙いたくなるのも、特にこの季節ではないでしょうか。

ところが、「顔は最後に痩せるから、どうしようもない」なんて声を聞くこともありますね

それなら、痩せなくても小顔に見えるマジックがあるとすれば、試してみたくなりませんか?

そこで今回は、痩せなくても小顔になれるズルい裏ワザをこっそり5つ教えます。

1.肩周辺にボリュームのあるトップスを着る

痩せずして小顔に見せるためには、1にも2にも視覚効果を狙うしかありません。

そこでまずは、肩周辺にボリュームがあるトップスを着て、肩のボリュームを増やしながら顔を小さく見せるように工夫しましょう。

バルーン袖や大きめのフリル袖など、肩の近くにボリュームを出すと、あら不思議!

相対的な視覚効果で、実際よりも顔が小さい印象に見えてしまうのです。

肩周辺のボリュームは大きければ大きいほど、狙い通りの効果が得られます。

2.デコルテがあいたトップスを着る

とは言っても、毎日肩周辺にボリュームのあるトップスばかり着ていれば、「あの人、いつも同じような服着てる~」なんて印象が強くなってしまいますし「もしかして、小顔効果狙っているとか?」なんて作戦までバレてしまいかねません。

そこで、もうひとつの視覚効果を狙うトップスとして、デコルテつまり胸元が大きくあいた洋服があります。

首元が詰まっているトップスだと、顔だけが悪目立ちして大きく見えやすい反面、胸元があいていると顔の下に空間ができるので、ぱっと見で顔が小さく見える効果があるのです。

ついでに、デコルテのリンパマッサージは顔周辺の老廃物を流す小顔マッサージとして定番ですので、胸元があいた服を着ながら気づいたときにマッサージするなんて方法は一石二鳥だったりします。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます